「パワプロ」サクセスに必要ないイベント3選

 

野球ゲームの定番「実況パワフルプロ野球」

 

1994年、スーパーファミコン用ソフト「実況パワフルプロ野球’94」が発売されて以降、現在まで毎年発売されています。

 

そんな人気ゲームはスマホアプリでも配信されており、試合だけではなく数多くのサクセスもプレイすることが出来ます。

 

しかーし、僕は言いたいことがある。

 

「サクセスにいらないイベントが多すぎませんか?」

 

ということを。

 

そこで今回は、僕が個人的に必要ないと思うサクセスのイベント3選を紹介したいと思います。

 

日直の仕事

 

日直の仕事をしていたら矢部君が「ケンカが始まったでやんす~」と主人公を呼びに来て、仲裁から戻ってくると「仕事ほったらかしてどこ行ってたのよ!」と怒られて、何故か体力が減る。

 

しかしこれは失敗パターン。

 

成功すると体力は減るが技術、精神が10点ずつ増える。

 

が、たかが20点ごときに体力を減らされたくない。

 

次のターンでコンボが決まり大量の経験値が手に入る場面でこのイベントが発生して体力が足りなくなろうものなら発狂もの。

 

せめて成功パターンなら体力-はやめてほしい。

 

今までどれほどこのイベントに苦しめられたことか、、、

 

 

女子高生のうわさ

 

こちらのイベントは同じ学校の女子生徒が主人公の噂をするというもの。

 

彼女がいない場合、彼女が1人の場合だと体力+や評価+などでいいことだらけなのですが、彼女を二人以上作るハーレムプレイをすると地獄のイベントに豹変する。

 

彼女の評価-、チームメイトの評価-、監督の評価-などの減点がありますが僕が言いたいのはそこではない。

 

「彼女候補にもなれないくせに口出すな」ということ。

 

運営さん、

 

ゲームくらいハーレムさせてくれよ!

 

まぁ現実を忠実に再現したイベントだと思いますけどね、、、

 

 

バレンタイン

 

定番イベントの一つ「バレンタイン」

 

もらえない、義理チョコをもらうという場合は問題ないのですが「イタズラの手紙に騙される」というイベントが選択された場合はウザさMAX。

 

体力-、やる気-、精神-が起きるのですが、最初にもあったように失敗・成功の有無を問わず体力-されるイベントに必要性を感じません。

 

そもそもチョコをもらえないから体力が減るっておかしい話ですよね?

 

「ガーン」という効果音も腹立たしい。

 

僕が主人公なら体力など減らずにやる気マークが消滅するくらいしかダメージはありませんがね。

 

 

番外編:ムフフなシーン

 

パワプロのサクセスって意外に下ネタと捉えられるようなシーンが多いんです。

 

例えば奏ちゃんとのクリスマスのワンシーン。

 

 

このカットだけを見ると如何にもなフレーズですよね。

 

もちろんケーキの人形という前置きがありますが、、、

 

他の彼女とのデートでも様々なムフフ表現があるので是非、探してみてください。

 

サクセスは高校が舞台なので主人公も年頃の男ということですね。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

ここまでは悪い部分を書いてきましたが、悪いのはほんの一部のことであり他は全て完璧です。

 

人だって少しくらい悪い部分があった方が親しみやすいですもんね。

 

ましてやパワプロアプリは課金しなければ永遠に無料。

 

某パズルゲームのように「課金しなければ無理ゲー」ということにはなりません。

 

ダウンロードしたことのない人は是非、ダウンロードしてみてください。

 

以上、クーでした。

 

 

実況パワフルプロ野球
ゲーム, エンターテインメント, アクション, スポーツ無料iOSユニバーサル