「不登校YouTuber」は金を稼ぐ道具?!

 

先日、10歳のYouTuberが「学校に通わない」という選択して話題になりました。

 

事の発端は「少年革命家 ゆたぼん」というYouTuberが学校で宿題を拒否した時、

担任から休み時間や放課後に宿題をやらされたこと、担任の言うことを聞く他の生徒がロボットに見え

「このままでは自分もロボットになってしまう」という考えから“学校に通わない選択”をしたことが始まり。

 

ネット上では賛否両論の意見があり、著名人などもSNSなどで様々な意見を発信していました。

 

今回はこの件に関していくつか意見があるのでお付き合いください。

 

成功すると一つのビジネスモデルになりかねない

 

僕がこの件で真っ先に思ったことが

「この活動が成功してしまうと一つのビジネスモデルになりかねない」と言うことです。

 

正直、この少年の親御さんは子供を使ってお金儲けをしようとしているような感じがします。

 

高須先生も似たようなことをツイートしておりました。


もし成功して大金を稼げるようになってしまえば、

「子供をYouTuberにして金稼ぎをさせる」という一つのビジネスモデルになってしまうのではないかと危惧しています。

 

もう一つの懸念材料

 

もう一つの懸念材料があります。

 

それは「他の子どもたちが影響を受けてしまう」ということです。

 

小学生YouTuberということもあって同年代の子供や年の近い子供も多く視聴していると思います。

 

そこで普通に登校していた子供たちが動画の影響を受けて

「面倒だから自分も学校へ行くのをやめよう」ということになる。

 

ただでさえ周りの影響を受けやすい年頃なので十分に考えられます。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回の件に関しては「親が全て」かと。

 

このYouTuberの親御さんが批判への反論をしているニュース記事を見ましたが、

「あぁなるほどな…」と思いました。

 

子供の意思を尊重することは大切なことだと思います。

 

しかし、その意思が間違っている場合はしっかりと指摘してあげることも必要です。

 

子供の将来の為に、

「小さいころから色々なレールを敷いてあげることも大切ですが間違ったレールは排除していく」

それが親の教育なのではないかと思います。

 

以上、クーでした。