「教えます」「稼げます」は鬱陶しい言葉

 

「月収〇〇万稼いだ方法教えます」

「〇〇すれば稼げるようになります」

 

皆さんもこれらのような謳い文句を目にしたことがあると思います。

 

YouTubeやブログなどでよく見る言葉です。

 

しかーし、ほとんどの人は「本当に稼げるの?」と思うことでしょう。

 

今回はその疑問に答えていきましょう。

 

稼げ、、、

 

結論からいいますと「ほぼ無理」と言えるでしょう。

 

しかし稼げる確率が0ではないので完全否定はできません。

 

でもよく考えてみてください。

 

自分が稼いでる方法を他人に教えてライバルを増やすようなことをやると思いますか?

 

普通ならやりませんよね。

 

なら何故「教えます」「稼げます」の謳い文句を使うのか?

 

答えは心理的策略を利用する為でしょうね。

 

例えば、

月収100万稼いだ方法を今なら無料で教えます。

 

このようなものを目にすると「興味本位」でクリックしたくなりませんか?

 

その気持ちを利用しているんです。

 

そこから最初に稼いだ体験談だけを無料で教えて、方法を聞こうとすると有料の商材を売り付けてくるんですよ。

 

商品紹介も注意が必要

 

ブログで目にする「商品紹介」「商品レビュー」も購入する際には注意が必要。

 

次の商品レビューだったらどちらから購入しようと思いますか?

例1

 

4Kテレビを購入しました。

 

値段も他のテレビと比べてお得です。

 

画質はとても綺麗で、録画もボタン一つで簡単!

 

是非、皆さんも購入してみてください。

例2

 

4Kテレビを購入しました。

 

値段は他のテレビと比べてほんの少しだけお得でした。

 

画質は綺麗で、録画もボタン一つで簡単ですが容量が少ないのですぐいっぱいになってしまいます。

 

録画をよくする方は注意してご購入して下さい。

 

多くの人は2番目を選ぶと思います。

 

しかし、ブログの商品レビューでは1番目の文章が多く使われているように感じます。

 

理由は「買ってくれさえすればいいから」

 

売れないと収益が出ませんからね。

 

2番目の書き方をすると、どうしてもマイナス面が目に入ってしまい売り上げが伸びないんですよ。

 

ただ、自分が紹介した商品を買っていただいて「買わなきゃよかった」と思われるようなレビューはするべきではないですよね。

 

どんなに優れた商品にも必ずデメリットがあるので、ブログで紹介された商品を買う際にはメリット・デメリットがハッキリと書かれているものを選んで購入すると失敗は少なくなります。

 

稼いでいるから正しいということはない

 

最初に出た「教えます」「稼げます」という謳い文句を年間何億と稼ぐ人が使うとかなり信憑性が高くなりますよね?

 

でもそれはその人が成功した方法であって誰もが当てはまる事ではないんです。

 

僕が偉そうに言うことではありませんが、ネットビジネスで成功するカギは「オリジナリティー」だと思っています。

 

教えられるより自分で試行錯誤をして独創性を作る

「教えます」「稼げます」は参考程度にしか考えない

 

この2つが大切なのではないかと思います。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

普段の雑記では「筆者と読者」ですが、商品紹介では「商人とお客様」

 

買ってくれればいいという考えではダメな気がします。

 

まぁ「収益より読者・お客様」と考えてしまう僕はネットビジネスに向いてないのかもしれませんね。

 

以上、クーでした。