やはり日本のクリスマスは間違っている。

 

毎年、この時期になると疑問に思うことがあります。

 

それは「日本人は何故、クリスマスまでに恋人を作りたがるのか?」ということ。

 

クリスマスが近くなるとSNSなどに「彼女・彼氏欲しい!」「今年も一人か、、」といった投稿をよく見かけます。

 

おいおい、ちょっと待て。

 

お前らはクリスマス本来の意味を知っているのか?

 

と言ってやりたい。

 

そこで今回はクリスマス本来の意味と正しい過ごし方を紹介していきます。

 

クリスマス本来の意味

 

クリスマスをウィキペディアで調べてみると「イエス・キリストの誕生を祝う祭り」と出てきます。

 

まずこの時点で疑問が。

 

「日本人の大半は仏教徒なのではないのか?」ということ。

 

別に問題はないが他宗教の行事で盛り上がるのは何か引っかかる、、、

 

ましてや仏教行事の灌仏会がクリスマスより盛り上がらないのはおかしい話ですよね。

 

MEMO
灌仏会(かんぶつえ)とは、釈迦の誕生を祝う仏教行事。

 

日本では基本的に毎年4月8日に行われる。

 

ハロウィンもそうですが、日本は海外の行事を間違った認識で行ってますよね。

 

海外の行事を取り入れることは大歓迎ですが、本来の目的と違った行事にするのは間違っているのではないでしょうか。

 

過ごし方

 

そして重要な過ごし方。

 

クリスマスは本来、家族と過ごす行事。

 

恋人と過ごすというのは日本独特の風習なのです。

 

つまり、クリスマスに恋人がいなくても何ら問題はない。

 

たくさんの料理を家族でワイワイ食べるのが本来のクリスマスです。

 

余談:クリスマスプレゼント

 

これは僕の勝手な考えなのですが「クリスマスプレゼントは高価な物でなければならないのか?」という疑問が。

 

SNSなどを見ていると「プレゼント代稼がなきゃ」「プレゼントの為に節約」というものを見かけます。

 

確かに自分の欲しい物だったり高価な物をプレゼントされたら「大切にされている」という気持ちにはなるかも、、、

 

しかし僕なら、大切な人からのプレゼントならたとえ10円のガムでも十分。

 

何故なら「プレゼント」に価値があるのではなく「大切な人からもらう」という部分に価値を感じるからです。

 

MEMO
ためしに「えんぴつ1本」をクリスマスプレゼントと言って渡して相手が心から喜んでいたら本当にあなたのことを思ってくれていると言えるでしょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回の記事は日本のクリスマスを否定するわけではなく「本来のクリスマスはこうですよ」と伝えたかっただけです。

 

だからどう過ごすかなんて個人の自由です。

 

ただ、途中にも書いたように海外の行事を取り入れるなら「本来のまま」で行ってほしいですよね。

 

そうでないと本来の意味がなくなって「騒ぐだけ」の行事になってしまいますからね。

 

以上、クーでした。