エアコンつけっぱなしで電気代は節約できる?

 

夏場には欠かせないエアコン。

 

そんなエアコンは、「つけっぱなしにすると電気代が節約できる」という噂があります。

 

エアコンは便利な反面、電気代が高くなってしまうので、少しでも節約できるならありがたい話ですよね。

 

果たして、エアコンをつけっぱなしにすることで本当に節約できるのか?

 

エアコンつけっぱなしで節約できる?

 

この噂に関しては、大手空調メーカーのダイキン工業が以下のような実験を行っています。

 

9時~23時の間で、エアコンを「つけっぱなし」と「30分おきに入り切り」で稼働させ消費電力を比較

 

1日を想定して、エアコンを「つけっぱなし」と「外出時はスイッチOFF」で稼働させ消費電力を比較

 

結果として①の実験では、9時~18時の間では“つけっぱなし”18時~23時の間では“こまめに入り切り”した方が消費電力は少なくなるという結果になりました。

 

エアコンは、設定温度と外気温の温度差が大きくなる起動時に多くの電力を消費します。

 

これが影響して、外気温の高い日中はつけっぱなしの方が消費する電力が少なくなるようです。

 

そして②の実験では、こまめに入り切り(消費電力4.4kWh)の方が、つけっぱなし(消費電力5.7kWh)よりも消費電力が少なくなるという結果に。

 

MEMO
気代に換算すると、こまめに入り切りが118.8円、つけっぱなしが153.9円となり、1日当たり約35.1円の差が生まれます。

 

①のように、30分程度の外出ならつけっぱなしでも問題ないようですが、長時間の外出になる場合はこまめに入り切りした方が消費する電力は抑えられるようです。

 

これらの結果を元に考えると、日中は30分程度の外出ならつけっぱなし、夜間は必要な場合にはエアコンを使用するという使い方がお得になります。

 

どちらかではなく、両方を上手く使い分けることが重要です。

 

参考:ダイキン工業ウェブサイト エアコンは“つけっぱなしがお得”という説は本当なのかを検証せよ!

 

さらにエアコンの電気代を節約する方法

 

他にも、エアコンの電気代を節約できる方法はあります。

 

例えば、エアコンのフィルターを掃除するというのも1つの方法です。

 

2週間に1回、フィルターを掃除するだけで約5%ほどの節約効果が見込めます。

 

注意
フィルターの掃除を怠るとカビが発生して、そのまま使用を続けると“気管支喘息”などの原因にもなるので注意してください。

 

他にも、

遮光カーテンを使用する(+窓の外に葦簀や簾を設置すると効果UP)

 

室外機の周辺にはモノを置かない(室外機の風通しが悪くなるとエアコンの効きが悪くなり、消費電力も増える)

 

設定温度を高くする

などがあります。

 

中でも設定温度に関しては、温度を高めに設定するだけで大きな節電効果があるのでオススメです。

※温度の上げすぎには注意

 

また、エアコン+サーキュレーターを上手く使うことで部屋の冷房効率が良くなるので一度、試してみてください。

 

関連記事:エアコン+サーキュレーターの併用で冷房効率UP!!

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回紹介したように、エアコンは「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」を組み合わせて使うことで節約効果があります。

 

また、フィルターの掃除や設定温度を調整することでも節約が可能です。

 

どれも今すぐに出来ることなので、是非お試しください。