カロリーゼロの秘密

 

スーパーやコンビニで見かける“カロリーゼロ”を謳った商品。

 

その名の通り、カロリーゼロなのでダイエットの強い味方になってくれます。

 

また近頃の商品は、本来の物と比べても何ら遜色がないほど美味しくなっているようです。

 

しかし、カロリーゼロを謳った商品は全くカロリーがないという訳ではないようです。

 

一体、カロリーゼロの表示は何なのか?

 

カロリーゼロの秘密

 

消費者に販売されている容器包装に入れられた加工食品は、食品表示基準に基づいて“栄養成分表示”が義務付けられています。

 

その基準の中で、カロリーに関しては以下の数値内であれば、カロリーゼロ”ノンカロリー”といった表示が可能となっているのです。

 

食品100g(飲料100ml)当たり5kcal未満

 

この数値内であれば、商品に含まれるカロリーが0kcalでなくとも「カロリーゼロ」と表示することが出来ます。

 

これがカロリーゼロの秘密です。

 

また、似たようなものとして「低カロリー」「カロリーオフ」といった表示の商品がありますよね。

 

こういった商品にも数値の基準があります。

 

基準としては食品100g当たり40kcal未満飲料100ml当たり20kcal未満“低カロリー”“カロリー控えめ”といった表示が可能に。

 

そしてカロリーオフに関しては、同種の商品と比較した時に、「食品100g当たり40kcal(飲料は100ml当たり20kcal)以上の低減」、さらに「割合として25%以上の低減」の条件をクリアした場合のみ“カロリー〇〇%オフ”“カロリー〇〇%減”といった表示が可能となります。

 

MEMO

以下のような数値でも0と表示している場合があります。

 

タンパク質 0.5g未満

 

脂質 0.5g未満

 

炭水化物 0.5g未満

 

糖質 0.5g未満

 

※全て食品100g(飲料100ml)当たりの数値

参考:東京都福祉保健局 栄養成分表示ハンドブック

 

無添加や不使用は?

 

では、食塩無添加や砂糖不使用といった表示はどうなのか。

 

実は、無添加や不使用といった表示はナトリウム塩や砂糖を添加してないという表示であり、「含まれない」という訳ではありません。

 

例えば、糖類・食塩無添加の野菜ジュースは、砂糖や食塩は添加していないものの、野菜や果物に含まれる糖類やナトリウムが含まれている場合があります。

 

このようなケースもあるので、無添加や不使用という表示でも“全く含まれない”とはならないのです。

 

そういった成分も含まれない場合は“食塩ゼロ”“糖類ゼロ”といった表示となります。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

ここまで紹介したように、カロリーゼロや低カロリーといった商品でも多少のカロリーはあります。

 

ですので、カロリーゼロだからといって食べ過ぎないように注意してください。