クラクションでの挨拶は違反!?

 

車を運転している時に、道を譲ったりすると「プッ」とクラクションを鳴らすドライバーさんがいますよね。

 

このような場合に使われるクラクションは「道を譲っていただきありがとうございます」という意思表示であり、「サンキュークラクション」とも呼ばれたりしています。

 

しかし、こういったクラクションの使い方は“法令違反”になるようです。

 

正しいクラクションの使い方

 

そもそもクラクションというものは、好き勝手に使用できるものではありません。

 

では、どのような場合に使用できるのか。

 

道路交通法第54条には以下のように書かれています。

 

一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

 

つまり、

見通しの悪い交差点

 

見通しの悪い道路や上り坂の頂上で「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所

 

山間部やカーブの多い道路で「警笛鳴らせ」の道路標識がある区間内に存在する左右の見通しが悪い交差点

 

見通しが悪い道路の曲がり角、見通しの悪い坂の頂上を通行する

という場合にはクラクションを鳴らす必要があります。

 

そしてこれら以外の場所では、原則としてクラクションの使用は禁止。

 

ただし、例外もあります。

車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

 

つまり、“原則として定められた場所以外でのクラクションの使用は禁止だが、事故等の危険を防止するためにやむを得ずクラクションを鳴らすことは可能”ということになります。

 

よって、冒頭で書いた「サンキュークラクション」というのは危険回避には該当しないため“違反”となってしまうのです。

 

MEMO

クラクションの違反には以下のようなものがあります。

 

警音器吹鳴義務違反(クラクションを使用するべき場所で使用しない)

反点数 1点

反則金

大型車 7,000円
普通自動車 6,000円
二輪車 6,000円
小型特殊自動車 5,000円
原動機付自転車 5,000円

 

警音器使用制限違反(使用してはいけない場面で使用)

違反点数:なし

反則金:3,000円

 

どのように合図を送ればいいか

 

クラクションでの合図が違反だからと言って、相手に挨拶をしない訳には行きません。

 

そういった場合には、以下のような合図があります。

 

手をあげる

 

会釈する

 

パッシングする

 

ハザードを使う

 

駐車場から道路に入るといった相手が見える場合には①や②。

 

車線変更など相手が見えない場合には③や④を使って合図を送ることが可能です。

 

ただ、③と④には注意すべき点も。

 

③のパッシングは、割り込んできた時の“抗議”“道を譲ってほしい(後続車からのパッシング)”といった場合にも使用されることがあります。

 

ですので、こちらは挨拶の意味でパッシングしたのに、相手には抗議と認識され“あおり運転”などのトラブルなる場合もあるので十分に注意してください。

 

また④のハザードに関しては、正式名称が「非常点滅表示灯」であるように、本来は緊急時に使用されるもの。

 

そのため、お礼のサンキューハザードを緊急時と勘違いしてブレーキを踏み事故が起きた、という事例もあるようです。

 

ですので、ハザードを使用する場合には十分に注意してください。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回、紹介してきたように、挨拶などでのクラクションの使用は違反となってしまいます。

 

またサンキューハザードに関しては、本来の使用目的から逸脱していますが、パトカーが行う場合もあるようなので問題ないのかと。

 

ただ、本当に緊急時という場合もあるので、車間距離はしっかりと確保しておきましょう。