ダイエットに失敗する理由から成功法を考える

 

多くの人が経験しているであろう「ダイエット」

 

世の中にも無数のダイエット法が存在していますよね。

 

しかし「思い通りにダイエットできた」という人は少なく、多くの人は失敗に終わっています。

 

何故、ダイエットは失敗が多いのか?

 

今回はダイエットに失敗する理由と成功法を考えていきたいと思います。

 

ダイエットに失敗する理由

 

ダイエットに失敗する理由の大半は「挫折」ですよね。

 

「食事の我慢がつらい」「運動したくない」などといった理由からダイエットをやめてしまう人がほとんどだと思います。

 

何故、そうなると思いますか?

 

答えは簡単です。

 

「自分に甘い」から。

 

人は自分に辛い課題を出した時、どうしても甘えが出て手を抜いてしまいます。

 

その証拠に自発的に行うダイエットよりも、トレーナーなどを使い「監視」があるダイエットの方が成功しやすいんです。

 

もう一つの理由は「やり方を重視する」から。

 

“ダイエットはやり方が重要”と考えている人がほとんどだと思いますが、それは間違いです。

 

ダイエットは強い理由が根底にあってこそ成功します。

 

しかし「話題のダイエットだから」などいった曖昧な理由でダイエットを始めるから失敗するんです。

 

失敗から見る成功法

 

先程、ダイエットに失敗する理由として「挫折」「やり方重視」の2つをあげました。

 

それらを踏まえて考えるとダイエット成功に必要なカギは「考え方」なのではないかと思います。

 

例えば“食事の我慢”にしても「食事を我慢している」と考えるか「これ以上の食事は必要ない」と考えるかでは精神的に大きな違いが生まれますよね?

 

よって考えるダイエット法を用いれば「考えて無駄を排除していくだけ」の簡単な作業になるかもしれません。

 

ダイエットに必要な考え方

 

ここからはダイエットに必要な考え方を考えていきましょう。

 

・1 自分は太っていると理解する

まず必要なのは「自分は太っている」と理解することです。

 

自分が太っているとは中々、認めたくないと思いますがそこは素直に認めましょう。

 

そうしないとダイエットは始まりません。

 

スラムダンクという漫画に次のような言葉が出てきます。

 

下手糞の

 

上級者への道のりは

 

己が下手さを

 

知りて一歩目

 

下手糞が上手くなろうとする時、まずは自分が下手であると知ることが初めの一歩という意味です。

 

この言葉はダイエットにも当てはめることが出来ます。

 

「自分は太っている」ことを自覚することこそがダイエットの一歩目。

 

そこからダイエットを始めましょう。

 

・2 ダイエットの理由を明確にする

次は“何のためにダイエットをするのか?”という事を明確にしましょう。

 

理由を明確にしないと必ず途中で挫折します。

 

「ただ痩せるだけ」という理由だけではなく「痩せてどうなりたいのか」といった“〇〇だから痩せる”という風に強い理由を持ちましょう。

 

・3 運動や食事制限は自分に合ったものを選ぶ

「炭水化物を摂取しない」「1日〇キロ走る」などといったダイエット自体のやり方は個人に合ったものでOKです。

 

が、食事を摂取する場合は先程書いたように「本当にその食事は必要なのか?」ということを考えてから食べるようにしましょう。

 

そこで「必要なし」と思ったら食べないことです。

 

ただし、1日に最低限必要なカロリーの目安「1500Kcal」は摂取しましょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

実はこの「考えるダイエット」は僕が何年か前に成功したダイエット法なんです。

 

3ヶ月ほどで約9キロほどのダイエットに成功しました。

 

ただ、痩せたことよりも「自分に厳しくなった」ということが一番大きかったですね。

 

元々、太りやすい体質でしたので考え方が変わっていなかったら今頃は、、、

 

「見た目も変われて人間的にも成長できる」

 

考えるダイエットにはそんな効果があるかもしれません。

 

是非、試してみてください。

 

以上、クーでした。