ハイビームの是非

 

今日、ニュース記事を読んでいたら対向車のハイビームに関する記事を拝見しました。

 

確かに最近、車のヘッドライトが異常に明るかったり常にハイビームで走行している車をよく見かけます。

 

少し気になったのでネットで調べていると「警察がハイビーム走行を推奨している」という情報を目撃。

 

警察のホームページで調べてみるとこの情報は少し間違った伝わり方をしているので、今回は正確な情報とともにハイビームの正しい使い方を考えていきましょう。

 

警察庁の情報

 

警察庁のホームページを見ると次のようなことが書かれています、

夜間、街灯がない暗い道などを走行する時は、前照灯を上向き(ハイビーム)にすることで歩行者などを遠くから発見することができ、早期の自己回避措置が可能となります。

出典:警察庁Webサイト

 

確かにこの文面だけを見ると「警察がハイビーム走行を推奨している」と捉えてしまうでしょう。

 

しかしこの文章には続きがあります。

 

ただし、ハイビームは他の車両等を眩惑させるおそれがありますので、対向車と行き違うときや、ほかの車の直後を通行しているときは、前照灯を減光するか下向き(ロービーム)に切り替えてください。

交通量の多い市街地の道路などを通行するときは、前照灯を下向き(ロービーム)に切り替えましょう。

出典:警察庁Webサイト

 

これを読むと警察は「街灯がない道ではハイビームを使い、交通量の多い市街地ではロービームで走行しましょう」ということです。

 

やはり「警察がハイビーム走行を推奨している」というのは少し間違っていたんですね。

 

ハイビームが危険を生む場合

 

ハイビームは場合によって危険なものになる場合もあります。

 

先程、紹介した警察庁のホームページはあくまで「自動車対歩行者」という場合。

 

確かにハイビームにしていれば歩行者の早期発見は可能です。

MEMO
ハイビームはロービームに比べ約2倍ほど遠くが見えます。

 

しかしこれが「自動車対自動車」になった場合はどうでしょう。

 

僕の経験上、対向車がハイビームのままだと眩しいと感じ目を背けてしまいます。

 

皆さんもハイビームの光が目に入ってしまえば同じことをしてしまいませんか?

 

結果、ハイビームで目が眩んで前方不注意となり事故原因になってしまう。

 

このことから市街地など街灯がある道路でのハイビーム走行は危険行為と考えます。

 

そもそも街灯があるのにハイビームにする必要がありますか?

 

対向車が無灯火走行をしているならまだしも、ライトをつけて走行していたらハイビームにしなくても存在確認は可能ですよね?

 

それでも見えないと言うのなら「免許の最低視力の引き上げ」を行うべきです。

 

ハイビームの正しい使い方

 

ここまで書いてきたことを含めてハイビームの正しい使い方を考えていきましょう。

 

・市街地などの街灯がある道路ではハイビームを使わない(状況に応じて使用可)

 

 

・対向車の存在を確認した場合は速やかにロービーム切り替える

 

 

・道路に物が落ちているなどの危険を知らせる為にハイビーム使い合図(パッシング)する際の使用は可能

 

 

これらを頭の中に入れておけばお互いが快適に運転できると思います。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

僕、犬の散歩で夜道を歩くことが多いのですがその際に車がハイビーム走行をしていると、非常に眩しくとても不快な気分になります。

 

真っ暗な道ならまだしも10数メートル間隔で街灯があるんですよ。

 

歩行者の安全を気遣ってくれているのはありがたいことですが、、、

 

またハイビームはあおり運転の原因にもなりかねないと思います。

 

後ろの車がハイビームで不快に思い減速・蛇行運転を繰り返すということは十分に考えられるので。

 

LEDを使ったライトは特に明るいと感じるので交換する際は十分に気を付けてください。

 

以上、クーでした。