バレンタインのチョコは味じゃない、気持ちだ!

 

来月、2月14日はバレンタインデーです。

 

そこで女性の皆さんに聞きたいことがあります。

 

「バレンタインデーのチョコは手作りですか?市販されている物ですか?」

 

恐らくやっつけチョコ(どうでもいい男性)は市販、本命チョコは手作りとかですかね?

 

世の男性諸君は本命がもらえるといいですね、、、、

 

それはさておき「お菓子作りは苦手」という女性もいると思います。

 

だから異性にあげるチョコも市販になりがち、、、

 

そんな女性に今回は「手作りチョコ」のススメを唱えていきたいと思います。

 

手作りを勧める理由

 

「お菓子作りが苦手」という人が手作りチョコを作る時に一番心配することは「見た目」「味」の2つでしょう。

 

しかし僕はそんなことを気にする必要はないと思います。

 

「異性からチョコを貰えた」という事実さえあれば十分ですよ。

 

ましてや学生だったら尚更。

 

だから味も見た目も気にする必要なんて何もありません。

 

どうしても心配ならチョコを渡す際、手に絆創膏を貼っておけばOK。

 

ではここからは簡単に作れるチョコのレシピを紹介していきます。

 

生チョコ

 

生チョコと聞くととても難しそうに感じますが、実はとても簡単なんです。

 

レシピはクラシルさんを参考にしていきます。

 

材料4人前

 

ブラックチョコ 220g

 

生クリーム 120g

 

バター 85g

 

ブランデー 大さじ1

 

ココアパウダー 適量

※板チョコ1枚が約60~70g

 

MEMO
甘いのが好みの方はミルクチョコを使っても大丈夫です。

 

 

  • STEP.1
    チョコを割ってボールに入れる
  • STEP.2
    沸騰させた生クリームを1のボールに入れチョコを溶かす
     
  • STEP.3
    2にバターを加え完全に混ざったらブランデーを入れる
     
  • STEP.4
    型に流し入れ冷蔵庫で冷やす
  • STEP.5
    固まったら好みの大きさに切り分けココアパウダーを振りかけたら完成!

 

 

溶けやすいチョコなので学校などに持っていく際は保存方法 に注意しましょう。

 

トリュフ

 

こちらも一見難しそうなチョコですが意外にも作り方は簡単。

 

レシピはミルクチョコレートで有名な明治さんを参考にしていきます。

 

材料

 

明治ミルクチョコレート 5枚(250g)

 

生クリーム 70cc

 

ココアパウダー 適量

 

  • STEP.1
    チョコレート3枚を細かく刻んでボールに入れる
     
  • STEP.2
    沸騰した生クリームを1に入れ滑らかになるまで混ぜる
     
  • STEP.3
    クッキングシートに先程のチョコを一口ほどの大きさで並べ冷蔵庫で15~30分冷やす
     
  • STEP.4
    1と同じくチョコレート2枚を刻み溶かす
     
  • STEP.5
    溶かしたチョコ少量を手の平に乗せ3で冷やしたチョコを丸めながら形を整える
     
  • STEP.6
    ココアパウダーを振りかけたら完成!
     

 

 

丸める工程で使うチョコをホワイトチョコにすれば2色のチョコが作れたり、ココアパウダーの代わりに細かく砕いたアーモンドを使えばさらにおいしくなります。

 

ネタチョコ

 

ありきたりなチョコでは面白くないという人にはこのチョコをオススメします。

 

※下ネタが苦手な方は閲覧注意です。

 

 

 

 

 

 

白濁液クッキー

生徒会役員共 ©氏家ト全・講談社/桜才学園生徒会新室

 

これは「生徒会役員共」というアニメに出てくる白濁液クッキーです。

 

アニメ自体がほぼ下ネタ的内容なので白濁液も勿論“アレ”ですよ、、、

 

ノリが分かっている人にはウケるかもしれません。

 

作り方も簡単で普通のクッキー同様に生地を作ったら、一口大にホワイトチョコを割ってそれを生地で包んで焼くだけです!

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

僕が学生時代にチョコを貰った記憶は2~3回しかありません、、、

 

女性の皆さんは「余ったから」などのくだらない理由でもいいので男性にチョコをあげてください。

 

男性はそれだけで嬉しいんですよ。

 

今年は是非、手作りチョコで意中の異性を虜にしてください!

 

以上、クーでした。