パワハラの定義が決まりました

 

職場などでの“嫌がらせ””いじめ”を受ける行為「パワーハラスメント」

 

みなさんの中にも、このパワハラで悩んでいる人がいるのではないでしょうか?

 

そんなパワハラですが、以前までは具体的な定義がありませんでしたが、この度、厚生労働省よりその定義が発表されました。

 

パワハラの定義

 

今回、発表された定義は以下の通り。

 

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

出典:厚生労働省 職場のパワーハラスメントについて

 

簡単にまとめると、「立場の優位性があるからといって業務の範囲を超えて精神的・肉体的に苦痛を与えたらパワハラ」ということです。

 

また、この定義は以下のことが明確にされています。

 

・上司から部下に対するものに限られず、職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当すること

・業務上必要な指示や注意・指導が行われている場合には該当せず、「業務の適正な範囲」を超える行為が該当すること

出典:厚生労働省 職場のパワーハラスメントについて

 

「職場内での優位性」を使って「業務の適正な範囲を超えた行為」があった場合がパワハラとして成立することになります。

 

パワハラの具体例

 

ではここからは、具体的にパワハラになる行為を紹介していきます。

 

1)身体的な攻撃
暴行・傷害

2)精神的な攻撃
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言

3)人間関係からの切り離し
隔離・仲間外し・無視

4)過大な要求
業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害

5)過小な要求
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと

6)個の侵害
私的なことに過度に立ち入ること

出典:厚生労働省 職場のパワーハラスメントについて

 

これらがパワハラの具体的な行為になります。

 

この中で特に注意してほしいのが、3つ目の人間関係からの切り離し。

 

“仲間から外された”“無視された”という行為の捉え方は人それぞれ。

 

例えば、3人だけで話をしていたら「仲間から外された」と感じる人もいると思いますし、たまたま聞こえなかっただけなのに「無視された」と感じる人もいます。

 

ですので、内面的なパワハラに関しては十分に注意してください。

 

もしパワハラにあったら

 

最後に、パワハラにあった時の対処法を紹介していきます。

 

パワハラにあったらまず何をされたか記録してください。

 

記録があると後々便利になってきます。

 

また、音声や映像の証拠があるとさらにOK。

 

そして次は、周囲に相談すること。

 

パワハラは、我慢していても一向に解決しないので信頼できる友人や同僚に相談するようにしましょう。

 

もし、そのような人がいない場合には、相談窓口などもありますのでそちらに相談してみてください。

 

とにかく「我慢しないこと」が一番大切です。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

会社員にとってパワハラは非常に身近なものだと思います。

 

もしかしたら、今の会社で実際にパワハラがあるなんて人もいるでしょう。

 

そういう人は是非、声を上げて早期解決を求めましょう。

 

また、「同僚がパワハラを受けているけど自分は受けていないから…」と他人事にならず手を差し伸べてください。

 

それが理想の職場へと繋がります。