乾電池の捨て方と保管方法

 

我々の生活に欠かせない存在のひとつ“乾電池”

 

各家庭にも必ずあるモノだと思います。

 

しかし、乾電池は便利な反面、正しく処分しないと“火災”といった重大な事故が起きてしまう可能性もある、危険な物です。

 

そこで今回は、乾電池の捨て方と共に、適切な保管方法を紹介していきます。

 

乾電池の捨て方

 

では、乾電池の捨て方を紹介していきます。

 

使いきりの乾電池(アルカリ乾電池・マンガン乾電池・リチウム電池)は、各自治体の指定された収集日に出してください。

※コイン型リチウム電池も乾電池と同時に回収している自治体もあり

 

この時、乾電池は両端をテープ等で“絶縁”してから中身が見える透明な袋に入れて捨てるようにしましょう。

 

注意
乾電池を絶縁せずにまとめて捨てると、プラスとマイナスの電極が触れ合い、電気が発生して出火する可能性があります。

 

また、地域センターなどの施設や一部のスーパーなどにも回収ボックスがあるので、そちらでも処分することが出来ます。

 

そして、充電して繰り返し使える小型充電式電池※とボタン電池に関しては、回収協力店に設置してある回収ボックスでの処分が可能です。

 

※小型充電式電池の種類 使われている製品
ニカド電池 シェーバー コードレス電話機など
ニッケル水素電池 デジタルカメラ 電動アシスト自転車など
リチウムイオン電池 ビデオカメラ ノートパソコンなど

 

回収ボックスは以下のサイトより検索できます。

 

一般社団法人JBRC 小型充電式電池のリサイクル

 

一般社団法人電池工業会 ボタン電池回収サイト

 

処分する際は、テープ等で絶縁してから処分するようにしましょう。

 

また、充電式のリチウムイオン電池に関しては、絶対に可燃ごみと混ぜて捨てないでください。

 

リチウムイオン電池は外部からの圧力に弱く、ゴミ収集車で回収されてしまうと内部で発火や破裂する可能性があります。

 

実際、リチウムイオン電池が原因でゴミ収集車が火災になったケースもありますので、十分に注意してください。

 

※リチウムイオン電池の発火例

 

乾電池の保管方法

 

次に、乾電池を安全に保管する方法を紹介します。

 

乾電池を保管するうえで最も大切なことは、捨てる時と同様に“絶縁する”ということです。

 

先程も書いたように、絶縁せずにまとめると出火する可能性があります。

 

これはボタン電池などに関しても同様。

 

ボタン電池等は平らな面と側面がプラス、でっぱりのある面がマイナスになっており電池同士が触れ合ってしまうとショートして発熱や破裂を引き起こす可能性があります。

 

ですので、開封してしまった乾電池は必ず絶縁してから保管しなくてはいけません。

 

その方法として、乾電池はプラスとマイナスの電極にセロハンテープやビニールテープを貼って絶縁、ボタン電池等も全体をテープで覆って絶縁してから保管するようにしましょう。

 

また、100円ショップなどに売っている電池収納ケースで保管するというのも1つの手です。

 

注意
この保管方法は、ショートによる発熱や破裂を防ぐことが目的です。

 

乾電池には他にも液漏れといった危険もあるので絶縁したからといって安心せず、こまめにチェックしながら保管するようにしましょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回紹介したように、乾電池は扱い方を間違えると火災等の可能性もある危険な物です。

 

ですので、処分・保管に関しては十分に注意してください。

 

また、小さく目立たないからといって、その辺に投棄するのはやめましょう。