体臭の原因と対策

 

年齢が進むにつれて多くなる「ニオイトラブル」

 

中でも、“体臭”は多くの人が気にしているようです。

 

体臭の種類は様々で、原因や対策もそれぞれ違ってきます。

 

この記事では、そんな体臭の原因・対策を紹介していきます。

 

ニオイの原因

 

体臭は、“汗”“皮脂”が主な原因となっています。

 

といっても、皮膚にある汗腺や皮脂腺から分泌されたばかりの汗や皮脂はほぼ無臭です。

 

しかし、時間が経つと「皮膚常在菌」と呼ばれる雑菌が作用して、汗や皮脂に含まれるタンパク質や脂質、アミノ酸などの成分が酸化・分解されます。

 

すると、不快なニオイがするガス(揮発性成分)が発生、これが体臭の原因です。

 

汗の成分でニオイも違う

汗を分泌する汗腺は「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類があり、それぞれニオイが異なります。

 

エクリン腺は体の大部分に分布しており、成分の約99%※が水分です。

※残りの成分は、塩分・尿酸・アミノ酸など

 

一方で、アポクリン腺は、主に脇の下や性器周辺に分布しており、タンパク質や脂質、脂肪酸などニオイの原因になりやすい成分を多く含んでいます。

 

・エクリン腺とアポクリン腺の違い

エクリン腺 アポクリン腺
分布している場所 全身(特に手のひらや足の裏に多い) 脇の下 性器周辺
成分 約99%は水分。塩化ナトリウム、カリウム、カルシウム、乳酸、アミノ酸など 水分、タンパク質、脂質、脂肪酸、コレステロール類、鉄塩など
役割 体温調節など フェロモンに似た役割
特徴 運動などの体温が上昇した時や緊張した時に汗が分泌。発汗直後は無臭で、汚れがついて時間が経つと菌が繁殖してニオイを放つ。 思春期に活発化。

特有のニオイがあり、強いニオイを「ワキガ」と呼ぶ。

参考:くすりと健康の情報局 体臭の症状・原因

 

その他の体臭

 

その他の体臭としては、「加齢臭」「ミドル脂臭」「疲労臭」などがあります。

 

加齢臭

年齢を重ねるごとに、皮脂成分に「パルミトレイン酸」「過酸化脂質」が増えます。

 

そして、それらが結び付き、皮膚常在菌の作用で酸化・分解されることで「ノネナール」が発生。

 

これが加齢臭の原因となります。

 

“油臭い”“青臭い”といったニオイが特徴です。

 

ミドル脂臭

汗に含まれる乳酸が、皮膚常在菌によって分解されることで「ジアセチル」がつくり出されます。

 

そして、ジアセチルが中鎖脂肪酸と混ざることでミドル脂臭に変化、これがニオイの原因です。

 

30~40代に多く、“使い古した油のようなニオイ”が特徴となります。

 

疲労臭

疲労臭は、疲労している時に蓄積しやすい“アンモニア”が原因です。

 

通常、体内で発生したアンモニアは、肝臓で分解され尿となって排出されますが、疲労時には肝臓の働きが低下してアンモニアを分解する能力が低下します。

 

すると、分解されなかったアンモニアは汗などと一緒に排出され“ツンとしたニオイ”が発生します。

 

これが疲労臭の原因です。

 

病気による体臭も

病気が原因となって体臭が発生する時もあります。

 

その場合には、病気の治療が最優先となります。

 

主な病気は以下の通りです。

 

原因となる病気 ニオイの特徴
便秘 便の腐敗臭
糖尿病 尿の甘酸っぱいニオイ、アセトン臭
脂漏性皮膚炎 あぶらっぽい皮脂臭
腎機能の低下、全身疲労など 汗のアンモニア臭
魚臭症 魚臭い体臭
パーキンソン病 ムスクのようなニオイ

参考:くすりと健康の情報局 体臭の症状・原因

 

体臭の対策

 

体臭の基本的な対策は、「体を清潔に保つ」ということです。

 

汗をかいて放置していると、雑菌が増殖してニオイが発生してしまいます。

 

ですので、入浴でニオイの原因となる汗や皮脂といった汚れを落として、清潔に保つことが重要です。

 

また、外出先などでも汗をかいたら、汗拭きシート等で汗を拭きとるようにしましょう。

 

加齢臭は食事で改善

加齢臭は、食事を改善することでニオイを抑えることが出来ます。

 

動物性脂肪(肉類・洋菓子など)の摂取量に気を付け、酸化を抑える効果がある食品(ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールが含まれる食品)を摂取するようにしましょう。

 

ミドル脂臭は汗腺機能を鍛える

ミドル脂臭は、乳酸の発生を防ぐことが重要となります。

 

乳酸は、ストレスや疲れなどの疲労時に増えるので、疲労やストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

また、汗腺の機能を鍛えることもポイントの1つ。

 

運動不足などで汗をかかなくなると、汗腺の機能が低下して汗の質が悪くなってしまいます。

 

ですので、ウォーキングといった適度な運動を行い、汗腺の機能を鍛えましょう。

 

汗腺の機能を高める「クエン酸」の摂取もオススメです。

 

疲労臭は疲労の軽減を

疲労臭の対策で何よりも重要なのは、“疲労を溜めない”ということです。

 

そのためには、十分な睡眠をとって疲労を回復したり、肝機能に負担をかける飲酒や喫煙を避けるようにしましょう。

 

また、シジミなどに含まれるオルニチンは、肝臓でアンモニアを分解するのに欠かせない成分です。

 

ですので、オルニチンが多く含まれるシジミやキハダマグロ、チーズなどの食品を摂取しましょう。

 



まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

体臭は、生活習慣を改善することで予防出来ます。

 

日頃から適度な運動やストレスを解消、暴飲暴食は避けるといった規則正しい生活を心掛けましょう。