俺の格安ワイヤレスイヤホンがこんなに便利なわけがない

 

こんにちは、クーです。

 

今ではすっかり定番となったワイヤレスイヤホン

 

カバンの中で絡まったコードと格闘しながら、普通のイヤホンを使っていた世代の僕からすると“便利な時代になったな~”と感動すら覚えています…

 

そんなワイヤレスイヤホンを先日、購入してみました。

 

購入した商品がこちら。

 

多摩電子工業さんが販売しているワイヤレスのイヤホンです。

 

ノイズキャンセリング?といったような機能には全く興味がなかったので、とりあえず5000円以下で買えるものを購入。

 

何よりも皆さん、上の画像を見てください。

 

パッケージの左上に初心者マークが入っていますよね?

 

これですよ。

 

この“初心者でも安心して使えますよ”という良心的な表示。

 

これが決め手になりましたね。

お金がなかったなんて口が裂けても言えない…

 

今回はせっかくなので購入したワイヤレスイヤホンのレビューをしていきたいと思います。

 

スペック

 

先程も紹介したように、今回僕が購入した商品はTBS31K「Bluetooth フルワイヤレスイヤホン」という商品です。

 

created by Rinker
多摩電子工業
¥3,280 (2020/06/02 14:21:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

Bluetoothイヤホン部仕様

 

・充電時間 約1.5時間※

 

・連続通話時間 最大約2.5時間※

 

・音楽再生時間 最大約2.5時間※

 

充電クレードル部仕様

 

・充電時間 約1.5時間※

 

・イヤホン充電回数 最大約2回※

 

付属品

 

・USBケーブル(30cm)

 

・イヤーピース(サイズ別)

 

適合機種はこちらからご覧ください

 

※使用状況により異なります

 

使ってみた感想

 

使ってみた感想として「この値段でここまで性能がいいのか」といった印象でした。

 

正直、約5000円という値段なので“聴ければいいか”くらいの軽い感じでしたが、音質も別に問題はなく値段以上の働きをしてくれています。

 

また音量調節はスマホ本体でしか出来ませんが、音楽の再生・停止や電話の受け取りはイヤホンで操作が可能です。

 

充電に関してもバッテリーの残量が少なくなるとアナウンスでお知らせ。

 

あとiPhone限定で画面にイヤホンのバッテリー残量が表示されます。

 

5000円以下で購入可能できて、これだけの機能が備わっていれば十分でしょう。

 

ただ、いくつかマイナスポイントもありました。

 

一つは“接続が安定しない”ということ。

 

家などの通信環境が安定している場所では問題なく使用できますが、駅などの電波が不安定な場所では接続が安定せず音が途切れることがあります。

 

また通信距離は約10メートルとなっていますが、遮蔽物などがあると少し短くなる場合がある。

 

そしてもう一つが”充電クレードル(充電器)の電池残量がなくなると勝手に接続される”ということ。

 

このワイヤレスイヤホンは、充電クレードルのフタを開けることによってイヤホンの電源がONになりスマホと接続されます。

 

しかし、充電クレードルの電池が0になると勝手にイヤホンの電源がONに。

 

いつの間にかイヤホンがスマホに接続されていたなんてこともありました。

 

この二つがマイナスポイントですかね~。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

高音質やノイズキャンセリングといった高機能を求める人には不向きかもしれませんが、“ワイヤレスイヤホンがどういうものなのか試したい”という人にはオススメです。

 

この記事で紹介したように最低限の機能は付いていますので、僕と同じように「とりあえず聴ければいい」という場合にはピッタリでしょう。

 

ワイヤレスイヤホンを使ってみたいという人は一度、試してみてください。

 

以上、クーでした。

 

この記事で紹介しているワイヤレスイヤホンの最新版はこちら