台風の風速目安と生活への影響

 

台風のニュースを見ていると、「暴風」「最大風速」という言葉を耳にします。

 

みなさんも1度は聞いたことがあるでしょう。

 

しかし、その言葉を知っているだけで、実際に風速〇〇メートルがどれほどの威力なのかを知っている人は少ないと思います。

 

そこで今回は、風速別による威力を紹介していきます。

 

風速別の威力

 

風の強さ 歩行 建物への影響 屋外の様子 車への影響
やや強い風

(風速10m/s~15m/s)

・風に向かって歩きにくくなる ・樋が揺れだす ・木々全体が揺れ始め、電線なども揺れだす ・高速運転中では、横風に流されている感覚を受ける
強い風

(15m/s~20m/s)

・風に向かって歩くことは困難となり、転倒する人もいる ・雨戸やシャッターが揺れだす ・電線が鳴り始め、看板やトタン板も外れ始める ・高速運転中では、横風に流されている感覚を大きく受ける
非常に強い風

(20m/s~30m/s)

・何かにつかまっていないと立っていられない ・固定されていないプレハブ小屋は移動、転倒する

・ビニールハウスのフィルムが広範囲に破れる

・細い木の幹が折れたり、倒れる木もある

・看板が落下、飛散して道路標識などが傾く

・通常速度での走行が困難となる
猛烈な風

風速30m/s以上または最大瞬間風速50m/s以上の風

・屋外での行動は極めて危険 ・住家で倒壊するものがある ・多くの樹木が倒木、電柱や街灯で倒れるものがある ・走行中のトラックが横転する

出典:気象庁 風の強さと吹き方

 

豆知識

 

ここからは、台風のニュースなどでよく聞く言葉の紹介をしていきます。

 

暴風

暴風とは、暴風警報の基準以上の風(風速20m/s以上)のこと

 

最大風速

10分間の平均風速の最大値

 

瞬間風速

風速計の測定値を、3秒間平均した値(この値の最大値が最大瞬間風速)

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回紹介した、風速の威力はあくまで“風のみ”の強さです。

 

台風になれば、風に雨がプラスされるのでさらに影響が出ます。

 

大したことないからと油断せず、十分な準備をすることが大切です。

 

また、悪ふざけで荒れた海や増水した川などに近づくことは絶対にやめましょう。