喫煙者、嫌煙者の皆さん、もう戦うのはやめないか?

 

2020年の東京オリンピックに向け「禁煙」の流れが進む中、喫煙者の最後の砦とも言える「コンビニの灰皿」が全国各地からなくなりつつあります。

 

ネット上では喫煙者からは「悲しみの声」、非喫煙者からは「喜びの声」が上がっています。

 

僕は何年か前まで喫煙者でしたが現在では「非喫煙者」

 

しかしコンビニの灰皿撤去には賛成していません。

 

今回はその理由と共に喫煙者VS非喫煙者の戦いに終止符を打ちたいと思います。

 

灰皿撤去に賛成できない理由

 

灰皿の撤去に賛成できない理由は「ポイ捨て」が増えるからです。

 

しっかりとマナーを守っている愛煙家の方々には申し訳ないですが、喫煙者はマナーを守れない人が一定数います。

 

そんな人が今までは至るとこにあったコンビニの灰皿がなくなったらどこに捨てると思いますか?

 

間違いなくその辺に「ポイ」ですよ。

 

それだったら灰皿を店の入り口から離れた場所に設置しておいた方がいいでしょう。

 

そもそも喫煙者全員がマナーを守っていればここまで肩身は狭くなってないと思います。

 

喫煙者VS非喫煙者

 

知らない人のために言っておくと「喫煙者VS非喫煙者」とは簡単に言えばネット上の掲示板などで喫煙者と嫌煙者がお互いを罵り合うというものです。

 

案の定、話し合いは平行線を辿るだけで一向に解決しません。

 

世間的には嫌煙者が優勢のようですが、僕はどっちもどっちだと思いますね。

 

喫煙者はマナーを守れていない人が多いのは事実。

 

「俺は守っている」という人もいますが、人間の記憶は悪い事の方が強く残ります。

 

なので10人中9人がマナーを守っていても1人が守らないと喫煙者に対して悪い印象が付いてしまうんです。

 

また嫌煙者についても喫煙可能な場所でマナーを守って喫煙している人に対して文句を言うのはどうかと思います。

 

タバコを吸いだすとわざと近づいて文句を言う人もいるようですね。

 

それは輩。

 

お互いが自分たちの意見にしか耳を傾けず、相手の意見を聞き入れないから解決しないんです。

 

終止符はたった一つ

 

この戦いに終止符を打つ方法はたった一つ。

 

それは「根本的な原因であるタバコを国が販売しない」ということ。

 

国がタバコを販売するから喫煙者が生まれる、喫煙者が生まれると嫌煙者が生まれる。

 

この流れからタバコを無くせば後者は誕生しない。

 

ただ、タバコ税が年間2兆円以上あるので国は販売禁止にはしないでしょうね。

 

昨年も受動喫煙対策などの動きはありましたが、結局は国がタバコを販売しなければそんなの話し合う必要もないんですから。

 

そもそもニコチンはコカインなどの薬物よりも依存性が高いのに、普通に販売してることがおかしいですよね。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

喫煙者と非喫煙者がお互いに気持ち良く生活出来る環境を作るのは難しいでしょうね。

 

極論、東日本が喫煙者で西日本が非喫煙者のような分け方をしないと無理です。

 

やはり「匂い」という人間が敏感に感じることの出来るものだから対立が起きるんですかね。

 

何にせよ国がタバコの販売を禁止すればいいだけのこと。

 

その日が来る事を願っています。

 

以上、クーでした。