嘘?本当?野球のルールブックには記されていないルール

 

日本の国民的スポーツの一つ野球。

 

そんな野球のルールを皆さんはどのくらいご存知だろうか?

 

野球は数あるスポーツの中でもかなりルールが複雑。

 

試合を見ていて「なぜ今のがアウトなの?」と思ったことのある人もいると思います。

 

そんな時に便利なのが「ルールブック」

 

これには野球のルールが全て書いてあります。

 

しかし、そんなルールブックにものらないルールが存在しているというのです。

 

今回は本当に存在しているのかその真実を確かめていきましょう。

 

そのルールとは?!

 

ルールブックにも記されないルールとは「不文律」と呼ばれるもの。

 

“アンリトン ルール”とも呼ばれたりしているようです。

 

そのルールには次のようなものがあげられます。

 

・ホームランを打った際に派手なガッツポーズをしてはいけない

 

・ノーヒットノーランや完全試合、投手のタイトルがかかっている場面で

阻止する行為(バントなど)をしてはいけない

 

・大量リードしている場面で打者は3ボール0ストライクから打ちにいってはいけない、

また同場面でのバント・盗塁などの戦術をとってはいけない

 

・併殺を崩す際の危険なスライディング

 

他にも存在していますが主なものは上記した通りです。

 

これらのルールを破ると報復行為(故意死球)を受けることになります。

 

ただ、昔はよく見かけましたが最近のプロ野球ではめったに見かけなくなりました。

 

乱闘などもほとんどなくなりましたからね。

 

メジャーはどうなのか?

 

メジャーリーグはアンリトン ルール(不文律)を日本以上に重んじています。

 

ですのでルールを破った際には容赦なく報復死球が…。

 

そんなメジャーの有名なアンリ トンルールの一つが「投手は死球の際に謝ってはいけない」というもの。

 

日本では死球の際に帽子を取って謝るのは普通ですよね?

 

しかしメジャーではどんな死球を与えても決して帽子を取って謝ることはしません。

 

「死球は全力プレーをした結果のアクシデント」という考えで謝ることはしないそうです。

 

逆に謝罪すると侮辱的な行為と捉えられるようです。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

アンリトン ルール(不文律)は野球界のマナーみたいなものなんですね。

 

試合を見に行くときにこのルールのような豆知識を知っているとより楽しく野球観戦ができるかもしてませんね。

 

以上、クーでした。