夏場は効率良く冷房器具を使って快適に過ごそう

 

近年、日本の平均気温は上昇しており熱帯夜(夜間の最低気温が25℃以上)猛暑日(1日の最高気温が35℃以上)が増えてきています。

 

出典:気象庁 日本の気候の変化

 

そんな夏場の暑さ対策に欠かせないものと言えば“冷房器具”です。

 

エアコンや扇風機など様々な冷房器具がありますが、どれを使えば最も快適に過ごせるのか?

 

今回は効率的な冷房器具の使い方を紹介していきたいと思います。

 

エアコン・扇風機のメリット・デメリット

 

まず初めに、王道の冷房器具であるエアコンと扇風機のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

エアコン

 

メリット・・・温度調節が自由自在 風向きが変えられる タイマー機能

 

デメリット・・・電気代が高い

 

扇風機

 

メリット・・・電気代が安い 風向きが変えられる タイマー機能

 

デメリット・・・室温が高いと効果がない

 

風向き・タイマー機能に関しては共通のメリット。

 

そして注目してほしいのが両者最大のメリット・デメリットが逆になっていること。

 

エアコンは温度調節は可能だが電気代が馬鹿にならない。

 

扇風機は電気代が安い代わりに室温が高ければ効果が全くない。

 

ということは2つを…

 

効率的な使用方法

 

では本題の効率的な冷房器具の使い方ですが、先程書いたエアコンと扇風機のメリット・デメリットを見ればわかりますね?

 

エアコンと扇風機を組み合わせて使用することによって効率がUPします。

 

エアコンで室温を下げて、その冷気を扇風機で室内に充満させる。

 

これが最強の方法…

 

と言いたいところですがさらに効果を上げる冷房器具があります。

 

それは「サーキュレーター」です。

 

MEMO
扇風機とサーキュレーターの違い

扇風機は人が直接涼む目的で使われ、サーキュレーターは空気の循環目的で使用される。

 

扇風機よりも風量が強く冷気を遠くへ飛ばせるので、部屋の中間地点にサーキュレーターを置いておけばエアコンがない部屋にも冷気を送ることが出来ます。

 

また電気代に関しても扇風機とほとんど変わりません。

 

使用方法としては、エアコンを背にするようにしてサーキュレーターを床に設置。

 

冷気は下に降りる性質があるので、床に溜まった冷気をサーキュレーターによって部屋全体に送ることで効率良く冷やすことが出来ます。

 

またサーキュレーターは季節を問わずに使用できる万能プレーヤーですので、一家に1台あっても無駄にはなりません。

 

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

空調業界大手のダイキンが行った実験によれば、エアコンはこまめにつけたり消したりするよりも“つけっぱなし”の方が電気代は安くなるそうです。

ダイキンの実験結果

 

つける時が一番電力を消費するんでしょうね。

 

僕も自宅で犬を飼っているので常にエアコンはつけっぱなしです。

 

ただ、つけっぱなしにする際はフィルターのホコリ等には十分注意してください。

 

フィルターがつまっていると冷風にならなかったり故障の原因にもなりますから。

 

効率良く冷房器具を使い厳しい夏を快適に過ごしましょう

 

以上、クーでした。