奨学金の返済は人生の足枷となる

 

大学に進学する人の半数近くが利用している“奨学金”

 

奨学金があったからこそ進学できたという人も多くいるでしょう。

 

一方で、近年では奨学金による「自己破産」も増えてきています。

 

中には、負の連鎖で“一家崩壊”というケースもあるようです。

 

そこで今回は、奨学金を利用した後の“返済”について紹介していきます。

 

奨学金の返済額

 

まず初めに、奨学金を利用した場合の返済額を紹介していきます。

 

日本学生支援機構の奨学金を利用した場合は、以下のような返済額となります。

 

第一種奨学金(利息無し) 貸与期間4年

貸与金額 月々の返済額 貸与総額 返済にかかる年数
国公立・自宅通学者

月額45,000円

12,857円 2,160,000円 14年
国公立・自宅外通学者

月額51,000円

13,600円 2,448,000円 15年
私立・自宅通学者

月額54,000円

14,400円 2,592,000円 15年
私立・自宅外通学者

月額64,000円

14,222円 3,072,000円 18年

参考:日本学生支援機構 大学・返還例

 

第二種奨学金(利息あり) 貸与期間4年 ※年利3%の場合

貸与金額 月々の返済額 返済総額 返済にかかる年数
月額30,000円 11,293円 1,761,917円 13年
月額50,000円 16,769円 3,018,568円 15年
月額80,000円 21,531円 5,167,586円 20年
月額100,000円 26,914円 6,459,510円 20年
月額120,000円 32,297円 7,751,445円 20年

参考:日本学生支援機構 大学・返還例

 

第一種奨学金の場合は、国公立や私立、自宅通学や自宅外通学で貸与される金額が変化するので、それぞれの貸与総額が返済する金額となります。

 

そして第二種の場合は、貸与総額に利子(表では年利3%)が上乗せされた金額を返済する形です。

 

※その他の利率は以下よりご覧ください

日本学生支援機構 利率

 

奨学金の返済シミュレーション

 

では次に、上記した金額を元に返済シミュレーションをしてみたいと思います。

 

今回は、大卒の初任給の平均20万円を基準に考えていきましょう。

 

まずは、給料20万円から保険料や税金等が引かれるため手取りは16万円とします。

 

そこから毎月かかるお金を引いてみましょう。

 

家賃8万円

※東京都23区で1人暮らしの目安となる1Kの家賃は約8万円

参考:エイブル

 

光熱費1万円

※1人暮らしの平均が1万円前後

 

携帯料金8000円

 

食費4万円

※2017年度の総務省の調査によると1人暮らしの食費平均は約4万円

参考:エイブル

 

合計13万8000円

※あくまでも目安の数字です

 

大まかな金額ですが、大卒の社会人1年目の1ヶ月にかかる費用の目安です。

 

そしてここから肝心の奨学金約2万円(第二種 月額8万円の貸与を受けたと仮定)が引かれます。

 

家賃や食費等を切り詰めれば数万円の節約は可能ですが、少なからず生活の足枷となるでしょう。

 

MEMO
奨学金の返済開始は貸与が終了した翌月から7ヶ月後

大学を3月に卒業したら7ヶ月後の10月27日から返済開始ということになります。

 

奨学金は利用するべきか

 

ここまで紹介したように、奨学金は利用後が非常に過酷です。

 

では、奨学金は利用しない方がいいのか?

 

これはあくまでも個人的な意見ですが、“明確な目的”があるなら奨学金を利用してもいいと思います。

 

例えば、

A 将来の目標が決まっており、それについての勉強を大学でしたい

 

B とりあえず大学に行く

という2人がいたとします。

 

Aのように、就きたい仕事の方向性が決まっている場合は、奨学金を利用して進学しても問題はないでしょう。

 

しかし、Bのように明確な目的がないのに、奨学金を利用して数百万円の借金を背負うのはリスクが高すぎます。

 

ですので、勉強等の目的があるなら奨学金を利用するなんとなく大学に行くのなら奨学金は利用しないという判断が妥当でしょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

僕自身も、奨学金を利用した1人なので、その大変さは十分に分かっているつもりです。

 

だからこそ“安易に奨学金は利用しない方がいい”と言えます。

 

また、いくら大学を卒業しても、いい仕事に就職できる保証はありません。

 

目的があって大学へ進学する人もそれだけは覚えておいてください。

 

奨学金の利用は慎重に。