年末年始に増える飲酒トラブルにはご用心を

 

何かと飲酒する機会が多くなる年末年始。

 

忘年会や新年会などもあり、お酒好きにとっては嬉しい時期かもしれません。

 

しかし、年末年始になるとお酒によるトラブルも多くなる。

 

そこで今回は、注意すべき飲酒トラブルを紹介していきます。

 

飲酒トラブル1:飲酒運転

 

飲酒トラブルで最も注意してほしいのが“飲酒運転”です。

 

これはみなさんご存知だと思いますが、飲酒運転は厳しい罰則があります。

 

・酒酔い運転※

罰則:5年以下の懲役または100万円以下の罰金

 

違反点数:35点

 

行政処分:免許取り消し 3年間再取得不可

 

・酒気帯び運転※

アルコール濃度0.25mg以上の場合

罰則:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

違反点数:25点

 

行政処分:免許取り消し 2年間再取得不可

 

アルコール濃度0.25mg以下の場合

罰則:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

違反点数:13点

 

行政処分:免許停止90日

 

※酒酔い運転、酒気帯び運転の違い・・・酒酔い運転は歩行や視覚などが検査され運転が困難な状態だと判断された場合に適応され、酒気帯び運転はアルコール濃度(0.15mg以上)によって判断されます。

 

・車両提供者

運転者が酒酔い運転の場合:5年以下の懲役または100円以下の罰金

 

運転者が酒気帯び運転の場合:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

・酒類の提供 車両の同乗者

運転者が酒酔い運転の場合:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

運転者が酒気帯び運転の場合:2年以下の懲役または30万円以下の罰金

 

注目してほしいのが、車両提供者酒類の提供者車両の同乗者という項目。

 

飲酒運転は、運転者だけでなく車両提供者や酒類の提供者、車両の同乗者にも厳しい罰則が与えられます。

 

ですので、飲酒運転は“しない・させない”ということを心掛けましょう。

 

飲酒トラブル2:タクシーでの嘔吐

 

続いての飲酒トラブルは、“タクシーでの嘔吐”です。

 

これは意外に多いようですね。

 

もし、タクシー内で嘔吐してしまった場合は「善管注意義務違反※」になります。

 

※善管注意義務とは

《「善良な管理者の注意義務」の略》業務を委任された人の職業や専門家としての能力、社会的地位などから考えて通常期待される注意義務のこと。注意義務を怠り、履行遅滞・不完全履行・履行不能などに至る場合は民法上過失があると見なされ、状況に応じて損害賠償や契約解除などが可能となる。

出典:コトバンク

 

この場合は、“タクシー内で吐いてしまう可能性があるのにも関わらずその注意を怠った”ということになり、クリーニング費用などを賠償請求されます。

 

クリーニング費用の相場は「1~3万円」くらい。

 

また、それとは別に“休業手当”“迷惑料”などが請求される場合があるようです。

 

酔って醜態を晒した上に数万円のお金まで無くなる、そんなことが起きないようお酒の飲み過ぎには十分注意しましょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

飲酒トラブルは他にもありますが、今回紹介した2つには十分注意してください。

 

特に飲酒運転は絶対にやめましょう。

 

自分の人生だけでなく他人の人生までも狂わせてしまいます。

 

節度を持って楽しいお酒ライフを送ってください。