歩行者へのハイビームは非常識?

 

みなさんは普段の生活で“これって常識なの?”と思ったり“それは非常識でしょ“と思った経験はありませんか?

 

この記事ではそんな常識なの?非常識なの?といったことを考えていきます。

 

今回のテーマは「歩行者がいる時のハイビーム走行」です。

 

夜間、歩いている時や自転車に乗っている時に対向車のハイビームが“眩しい”と感じたことがある人は多いでしょう。

 

僕自身も対向車がハイビームだと非常に迷惑だと感じます。

 

しかし、運転している立場からすれば歩行者や自転車をいち早く発見するにはハイビームの方がいいですよね。

 

また、警察も夜間は状況に応じてハイビームでの走行を推奨しています。

 

果たして歩行者がいる時のハイビームは常識なのか非常識なのか…

 

常識or非常識

 

僕、個人の意見になってしまいますが歩行者がいる場合のハイビームは非常識だと思います。

 

そもそも歩行者や自転車をいち早く発見するためにハイビームにするなら、発見した時点でロービームに切り替えるべきですよね。

 

ローにして歩行者が通り過ぎたらまたハイビームにすればいいんです。

 

というよりもハイビームで走行していて歩行者がいたら普通はローにしますよね。

 

歩行者からすればハイビームのままだと「こちらに気付いていないのか?」と不安になります。

 

ですので対向車・歩行者・自転車などがいる場合はロービームに切り替えた方がいいでしょう。

 

常時ハイビームは間違った情報

 

最初に“警察もハイビーム走行を推奨している”と書きました。

 

他のサイトやニュース記事でも夜間のハイビーム走行を推奨しているものが多い。

 

しかし、この情報は少し間違った広がり方をしているんです。

 

確かに数年前に警察は夜間のハイビーム走行を推奨、以下のような記事を掲載しました。

 

夜間、街灯が少ない暗い道などを走行する時は、前照灯を上向き(ハイビーム)にすることで歩行者などを遠くから発見することができ、早期の事故回避措置が可能となります。

出典:警察庁webサイト

 

確かにこの文章を見ればハイビームにすることで事故を回避できると思いますよね。

 

が、この文章には続きがあるんです。

 

ただし、ハイビームは他の車両等を眩惑させるおそれがありますので、対向車と行き違うときや、ほかの車の直後を通行しているときは、前照灯を減光するか下向き(ロービーム)に切り替えてください。

交通量の多い市街地の道路などを通行するときは、前照灯を下向き(ロービーム)に切り替えましょう。

出典:警察庁webサイト

 

この情報が出回った時にマスコミなどが前者の文章だけを見出しなどにしたから「夜間=常時ハイビーム」という間違った認識が広がったのだと思います。

 

正確には“夜間は事故回避の為ハイビームを推奨、ただし対向車などの状況によってロービームに切り替えて”ということです。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

実はハイビームは使い方を間違えると減光等義務違反になる可能性があります。

 

道路交通法第53条 第2項

 

車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

出典:e-Gov

 

“対向車などがいる時はロービームにしなくてはいけませんよ”ということです。

 

自転車も車両扱いになるのでやはり自転車に対するハイビームは違反になるということですね。

 

ただ、この法律に歩行者が含まれるかは分かりませんが…

 

まぁ“常識人”なら歩行者を気遣ってくれると思います。

 

だからといって歩行者も夜に黒などの服装ではいけませんよ。

 

ルール・マナーを守って快適な日常生活を!

 

以上、クーでした。