熱中症の症状と対処法

 

記録的な猛暑となっている日本列島。

 

その影響から、各地では熱中症によって搬送される人が相次いで発生しています。

 

熱中症は、対処を間違えれば命を落とす非常に危険なものです。

 

この記事では、そんな熱中症の症状や対処法を紹介していきます。

 

熱中症の症状

 

まず初めに、熱中症の症状を紹介します。

 

熱中症は主にⅠ~Ⅲ度に分類され、数字が上がるごとに重症度が増加します。

 

分類 症状 症状からみた診断 重症度
Ⅰ度 ・めまい、失神

脳への血流が不十分になった状態で、「立ちくらみ」などの症状が見られる。“熱失神”と呼ぶ場合もある。

・筋肉痛、筋肉の硬直

発汗により塩分(ナトリウム等)が欠乏して、「こむら返り」などの症状が見られる。

・手足のしびれ、気分の不快

熱ストレス(総称)

・熱失神

・熱痙攣

軽度
Ⅱ度 ・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

体がぐったりする、力が入らないなどの症状が見られ、軽度の意識障害が起きる場合もある。

・熱疲労 中等度
Ⅲ度 Ⅱ度の症状に加え、以下のような症状が見られる。

・意識障害、痙攣、手足の運動障害

呼びかけや刺激に対する反応が鈍い、全身の痙攣、歩行障害などの症状がある。

・高体温

・熱射病 重度

参考:環境省熱中症予防情報サイト 熱中症になったときには

 

吐き気や倦怠感といったⅡ度の症状が見られる場合に、放置してしまったり、誤った判断をすると重症化(Ⅲ度へ移行)してしまう危険性もあるので、軽度(Ⅰ度)のうちに対処するようにしましょう。

 

注意
対処をしても症状が改善されない場合や意識障害が見られる場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしてください。

 

熱中症の対処方法

 

次に、熱中症の対処方法を紹介していきます。

 

まずは、以下の表に沿って対処してください。

 

参考:環境省 熱中症環境保健マニュアル2018

 

体を冷やす時のポイント

体を冷やす時は、タオルやうちわを使って風を送りましょう。

 

氷のう等がある場合は、「首の横・脇の下・太ももの付け根」などの太い血管がある所を集中的に冷やすようにしてください。

 

 

水分補給は塩分が含まれているものを

大量に汗をかいた場合には、水分だけでなくナトリウム(塩分)も失われます。

 

ですので、水分補給は塩分が含まれているスポーツドリンクやOS-1などの経口補水液などが最適です。

 

ただし、スポーツドリンクは糖分が多く含まれているので、飲みすぎに注意してください。

 

注意
意識障害などが見られる場合には、気道に水分が流れ込んでしまう可能性もあるので、無理に飲ませないでください。

 

また、嘔吐などの症状が見られる場合は、口からの水分補給は適切ではないため、医療機関で点滴等の処置を受ける必要があります。

 

日頃からできる熱中症対策

 

では最後に、日頃から出来る熱中症対策を紹介します。

 

熱中症対策で重要なのは「暑さを避ける」ことです。

 

ですので、屋外ではできるだけ直射日光を避け、“帽子”“日傘”を積極的に使用しましょう。

 

また、熱中症は室内でも起こる可能性があるので、浴室などの熱気や湿気がこもりやすい場所は十分に注意してください。

 

熱中症対策まとめ
  1. 外出時は直射日光を避け、帽子や日傘を使用する
  2. 室内ではエアコンや扇風機で温度調節する
  3. こまめに水分補給をする(1度に大量摂取するのではなく30分に1回、1~2口を飲むなど※目安)
  4. 暑い日の外出は極力避ける
  5. 食事や睡眠を十分にとり、体調を万全にする

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今年の夏は、コロナウイルスの影響から多くの人がマスクを着用しています。

 

夏場のマスクは、熱中症のリスクもあるので、人のいない場所や風通しの良い場所などではマスクをずらして新鮮な空気を取り入れてください。

 

「コロナウイルス」「熱中症」の対策を上手く行っていきましょう。

 

関連記事:マスクによる健康被害