神社の正しい参拝方法とは?

 

お正月の恒例行事「初詣」

 

新年の無事や平安を祈願する大切な行事の一つですよね。

 

そんな初詣、皆さんは正しい方法でお参り出来ていますか?

 

お祈りごとは正しい方法で行わないとご利益がないと思いますので、今回は神社の正しい参拝方法を紹介していきたいと思います。

 

1.服装

 

初詣に行く時、服装を気にする人は少ないようですが、服装も大切なポイントの1つです。

 

「服装の乱れは心の乱れ」という言葉もあるように、服装は心の表れと言われています。

 

また社殿の中などの特別な場所で参拝する際にはスーツ等の正装を必要する所もあるくらい服装は大切です。

 

ですので、初詣ではスーツや着物といった服装が理想となります。

 

そこまでするのは面倒だという人でも色使いの派手な服装や露出の多い服装、アクセサリー等は着用しない方がいいでしょう。

 

2.鳥居、参道の歩き方

 

鳥居は、人間界と神域を区別する結界のような意味があると言われています。

 

ですので、鳥居をくぐる時は必ず一礼をしてから神様の通り道である真ん中を避けて端をくぐるようにしましょう。

 

MEMO
神様の領域に遠い足から進むのが神職の世界での常識。

 

なので鳥居の左端をくぐる時は左足、右端をくぐる時は右足から踏み出すとより丁寧な作法となります。

 

しかし、初詣では人が多く真ん中を通らざるを得ない場合があるでしょう。

 

そんな時は“進左退右”という作法があります。

 

神様と対峙する時は左足から進み右足から退くのが正しい作法。

 

ですので、真ん中を歩く際には左足から踏み出すといいそうです。

 

参道も同じように真ん中は神様が通る道(正中)と言われているので端を歩くようにしましょう。

 

3.手水

 

手水は以下のような順番で行います。

 

右手に柄杓を持ち左手を清める

 

柄杓を持ち替え右手を清める

 

再び柄杓を持ち替え左手で水を受けて口をすすぐ

 

口をすすいだ左手をもう一度清める

 

最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置く

 

特に④は忘れがちになる人が多いようなので気を付けましょう。

 

4.拝礼

 

まずは賽銭箱の前に立って会釈をして、賽銭箱にお賽銭を入れます。

 

次は拝礼。

 

拝礼は以下の順番で行います。

 

深いお辞儀(90度が理想)を二回繰り返す「二拝」

 

両手を胸の高さで合わせ、「進左退右」に従って右手を少し下にずらし、拍手を二回打つ「二拍手」

 

両手を合わせてお願い事をする

 

両手を下ろし、深いお辞儀(90度が理想)をする「一拝」

 

二拝二拍手一拝の順番で行いましょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

初詣は大勢の人がいるのでゆっくりと拝礼している時間はないかもしれません。

 

それでも適当に行うのではなく正しい作法をスピーディーに行いましょう。

 

またお賽銭は5円(ご縁)や15円(十分ご縁)といった語呂の良い金額がおすすめのようです。

 

ただし10円(遠縁)や500円(これ以上効果“硬貨”なし)といったNG語呂もあるので注意しましょう。