職場に香水は必要か

 

職場での悩みの一つに多い“スメハラ”

 

近年では「香害(こうがい)」とも呼ばれたりしています。

 

口臭や体臭といった“ニオイ”で周りを不快にさせることをスメハラと言いますが、中でも香水柔軟剤が原因となってスメハラが起きている職場が多いようです。

 

そこで今回は職場に香水は必要かということを考えていきたいと思います。

 

職場はあくまで仕事をする場所

 

香水は上手く活用すればおしゃれアイテムとなります。

 

ですので、デートといったような場面で香水を使うのはいいでしょう。

 

しかし、職場というのはあくまで“仕事”をする場所ですから、おしゃれは必要ないですよね。

 

またニオイというのはかなり好みが分かれるものなので、自分は“いい匂い”と思っていても他人からすれば“ただの悪臭”となってしまうことも十分にあり得るでしょう。

 

さらには「あの人、香水臭い」と周りから不快に思われることはあっても、「君、香水つけているから部長に昇進」なんてことはないですよね。

 

そしてこれはビジネスシーンにおいても同じこと。

 

取引先との打ち合わせに香水をつけていき「この人、香水臭い」と不快感を持たれることはあっても、「この人、香水つけているから契約しよう!」ということはまずないですよね。

 

もちろん、職場等で禁止されていなければ香水を使用してもいいとは思いますが、「周りを不快にさせる」という大きなリスクを背負ってまで職場に香水をつけていく必要はないのかと思います。

 

柔軟剤も注意が必要

 

この職場等でのスメハラの原因は香水だけではありません。

 

洗濯時に使用する“柔軟剤”でもスメハラは起こります。

 

最近の柔軟剤はニオイの強いものが多く、中には香水に近いようなニオイの商品も。

 

これらも香水同様に使いすぎると周りを不快にさせてしまうので十分に注意してください。

 

香水・柔軟剤が原因で病気を発症することも

 

ここまで書いてきたように香水や柔軟剤は使い方を間違えると周りを不快にさせてしまいます。

 

そしてこの2つは、周りに不快感を与えるだけではなく「ある病気」を引き起こす原因になってしまう可能性もあるのです。

 

その病気とは「化学物質過敏症」と呼ばれる病気。

 

この病気は、化学物質(人工香料)を体に取り入れ続けることで頭痛やめまい、嘔吐などを引き起こしてしまう病気です。

 

症状の程度は異なりますが、深刻な場合には学校や職場に行けなくなるような人も。

 

だからといって“香水を使うな”“柔軟剤を使うな”という訳ではありませんが、世の中には香水や柔軟剤が原因となって病気を発症したり、症状が悪化する人もいるということを知っておいてほしいと思います。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

少し話はそれてしまいましたが、結論として職場に香水をつけていく必要はないと言っていいでしょうね。

 

最初に書いたように、職場はあくまで仕事をする場所。

 

なので色気を出す必要はないのかと思います。

 

以上、クーでした。