試合で100%の力を発揮するために必要な事

「試合で100%の力を発揮する」

 

これはスポーツをやっている人たちの永遠のテーマではないでしょうか?

 

僕も学生時代に野球をやっていたのでよく分かります。

 

では、それを実現する為には何をすべきか。

 

今回はそんな「試合で100%の力を発揮する為には?」というテーマでお送りします。

 

〇〇はさほど重要ではない

 

次のような質問をすると多くの回答は〇〇になります。

Q:試合で力を発揮する為に必要なことはなんだと思いますか?

 

さぁどうなるでしょう、、、

 

 

もう皆さんお分かりですよね。

 

答えは練習です。

 

スポーツ少年団でも部活動でもプロスポーツ選手でも皆、「試合で活躍する」という目的で練習しています。

 

よって練習すれば活躍、、、

 

出来るとは限りません。

 

 

そうなんです、練習しても試合で100%の力が発揮できるわけではないんです。

 

練習=試合の結果という式が完成してしまえば、練習している人は必ず試合で力を発揮できるようになってしまいます。

 

そんな甘いものではありませんよね。

 

POINT
練習は試合で活躍するためにするのではなく自身のパラメーター上げくらいに考えましょう。

 

では何が必要か

 

練習というものが試合で力を発揮するカギではないのなら何が必要か。

 

その答えは精神力

 

実は試合で力を発揮する為には技術云々ではなく内面的な精神力が必要なんです。

 

では何故この結論に至ったのかというと過去に何人もそういう人を見てきているから。

 

過去の記事↓で紹介したように僕は高校時代、強豪校の野球部に所属。

「野球」 僕が味わった高校進学の失敗談と、強豪校の闇、進学のアドバイス

 

もちろん部員数も多く実力者も多くいました。

 

練習ではプロの練習を見ているかのようなバッティングをする人も。

 

でも、その彼は高校時代にベンチ入りは一度もしていません。

 

何故か。

 

それは「試合になると」全く打てないからです。

 

その原因が先ほど出た精神力

 

彼は考えすぎてしまうタイプの人間で、中学までは圧倒的な実力でその精神面を誤魔化してきたようですが高校では「活躍しないと試合に出れない」というプレッシャーにより弱さが目立って試合では凡打の山。

 

しかし、同じ試合でも草野球などの気楽にできる場面ではホームランばかり打てる。

 

これらの経験から「試合で力を発揮するには精神力」が大切だと思うようになりました。

 

プロ野球選手でも活躍出来ていない人に共通して言えることも精神力が関係していると思います。

 

プロになっている時点で実力があるのは確かですから。

 

精神力を高めるには

 

では散々、大切と言ってきた精神力を高めるには何をすればよいのか?

 

まずはプレッシャーの原因を考えること。

 

精神的に弱くなる原因のほとんどはプレッシャーによるもの。

 

その原因さえなくなれば精神力は格段に上がります。

 

そして最も大切なのが頭の中をゼロにできるか

 

難しい表現になってしまいますが「何も考えないことを考えない」ということです。

 

POINT

人は考えないようにする時、「何も考えない」と心の中に思ってしまう。

それでは逆に考えてしまっている。

なので「あれ、今何考えていたっけ?」という状態になれば頭の中がゼロになったと言えるでしょう。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回のポイントといては

・練習はあくまでも自身のパラメーター上げのもの

 

・試合で力を発揮する為には精神力が大切

 

・精神力を高めるにはプレッシャーの原因を探る

 

・「何も考えないことを考えない」がカギ

これらの4つですかね。

 

簡単に言うと「精神力が弱い人はリラックスしろ」ということですね。

 

ただ、頭をゼロにすることが出来れば究極の精神状態である「ゾーン」に入ることも可能、、、

 

僕も何百打席と立ってきましたがゾーンらしきものになったのは1度だけ。

 

ですが、アニメなどの表現通り「動きがスローになる」というのは本当です。

 

是非、スポーツをやっている皆さんは精神力を高めて試合で大活躍をしてください。

 

以上、クーでした。