転売が批判されるのはモラルの問題

 

何かと話題になることが多い「転売屋」

 

転売ヤーなどとも呼ばれ、簡単に始められるビジネスの1つでもあります。

 

しかしこの転売屋、世間では批判の対象になっているようです。

 

その証拠にネットで転売屋と検索してみると、

・転売屋 死ね

 

・転売屋 クズ

 

・転売屋 撲滅

などといったような目も当てられない検索候補が表示されます。

 

このように、世間からはあまりよく思われていないようです。

 

しかし、“安く仕入れて高く売る”ということは商売の基本。

 

なのになぜ転売屋は嫌われるのか…

 

法的な問題は?

 

まず初めに、転売を法的視点から見ていきましょう。

 

転売という行為自体は法的に何ら問題はありませんが、扱う商品によっては“古物商許可”がないと違法になる場合があります。

 

例えば、“中古品”がその一つ。

 

新品の商品をメーカーや小売店などで購入して転売する場合には古物商許可は必要ありませんが、リサイクルショップなどに売られている中古の家電を購入して転売するという場合には古物商許可が必要になります。

 

また、“未使用”“未開封”といった商品などもありますが、一見新品のように思うかもしれませんがこれも「古物」という扱いに。

 

1度でも“使用目的”で取引された商品は、新品状態でもすべて古物扱いです。

 

よって、中古品を転売しているのに古物商許可を取得していない転売屋は違法となる可能性があります。

 

注意
古物商許可を取得せずに無許可営業を行うと「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられる場合がある。

 

法的に曖昧な部分が多い

 

先程も書いたように、扱う商品によっては古物商許可が必要になります。

 

しかし、それを取り締まる法律は曖昧な部分が多いです。

 

例えば、中古品を転売する場合に“転売目的で商品を仕入れてオークションに出品した”となれば古物商許可が必要となります。

 

しかし、“私用目的で購入したが不要になったのでオークションに出品した”という場合には古物商許可は必要ありません。

 

つまり、最初から転売目的で中古品を購入していても“不要になったのでオークションに出品しただけです”と言ってしまえば警察は違法性を証明できないので、どうすることも出来なくなってしまいます。

 

よって、法律の抜け穴を改正しない限り、いくら違法転売と分かっていても摘発することは極めて難しいでしょう。

 

実際、チケット転売で逮捕されたケースが年間に数件、中古品の家電などを無許可で転売して逮捕されたケースなんて聞いたことがないですからね…

 

転売屋が嫌われる理由

 

では最後に、転売屋が嫌われる理由を考えていきましょう。

 

これはあくまで個人的な考えですが、転売屋が嫌われる理由は“モラルの問題”だと思います。

 

例えば、限定品などを手に入れてオークションなどに転売する、という行為自体は何ら問題ありません。

 

しかし、問題なのはその目的とやり方です。

 

限定品などを“端から転売目的”で購入すれば批判されるのは当たり前。

 

本当に欲しい人からすれば“転売目的なら買うなよ”と思うのは普通のことですよね。

 

また、“買い占める”といった入手方法も批判の原因でしょう。

 

“雇った人を並ばせて買い占める”といったような行動が世間の顰蹙を買っているのではないかと思います。

 

転売屋が“子供向けのおもちゃを根こそぎ買い占めた”なんてケースも耳にしたことがありますからね。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回紹介したように、転売は法的に曖昧な部分が多く“グレーゾーン”が非常に多いです。

 

実際、転売をしている人も“調べてみたら違法だった”ということもあるかもしてません。

 

誰からも怪しまれることなく転売ビジネスをするなら、古物商許可は取得した方がいいでしょう。