飛蚊症の原因と対策

 

皆さんは「飛蚊症」という目の病気をご存知ですか?

 

飛蚊症とは・・・モノを見ている時、視界のどこかに黒い虫のような物や糸くずのような物が動いて見える状態のこと。

 

青空や白い物を見た時に、視界を動く物が見えるといったような症状が飛蚊症の特徴。

 

僕自身も、子供のころから飛蚊症に悩まされている1人です。

 

この記事では、そんな飛蚊症の原因と対策を紹介していきます。

 

飛蚊症の原因

 

目の中は、“硝子体”と呼ばれるゼリー状の物質で満たされています。

 

本来、硝子体は透明ですが、何らかの原因で濁りが生じる場合があり、その濁りの影が網膜に映ると、飛蚊症の症状である“虫状”“糸くず”のようなものが見えるようになります。

 

濁りの原因は、主に「生理的な原因」「病的原因」の2つです。

 

生理的な原因

生理的な原因の多くは、“加齢”によるものです。

 

硝子体は、加齢と共にゼリー状から液状に変化して萎縮。

 

すると、硝子体が目の奥の網膜から剥離、これを「後部硝子体剥離」といいます。

 

突然発生する飛蚊症の多くが、この後部硝子体剥離によるものです。

 

また、生まれつきの飛蚊症もあります。

 

胎児のうちは、硝子体の中に血管が通っており、生まれるまでには無くなるのが普通です。

 

しかし、生まれた後も血管の一部や血管周囲組織などが硝子体の濁りとして残り、飛蚊症の原因となる場合があります。

 

病的原因

病気の初期症状として飛蚊症が起こる場合もあります。

 

原因となる病気は以下の通りです。

主な病気 詳細
網膜裂孔 後部硝子体剥離の際、硝子体だけでなく網膜も一緒に引っ張られてしまい、網膜に亀裂や穴が開いたりする。
網膜剥離 網膜裂孔を放置すると、裂孔から液状になった硝子体が網膜の後ろに入り込んで、網膜が剥がれてしまう。
ぶどう膜炎 ぶどう膜炎は虹彩・毛様体・脈絡膜という3つの組織の総称で、これらに炎症が起きることをぶどう膜炎という。
硝子体出血 網膜などからの出血が、硝子体の中に溜まった状態を硝子体出血という。硝子体出血を引き起こす疾患は様々ある。

 

これらの病気は、症状の1つとして飛蚊症が起こる場合があります。

 

飛蚊症の治療

 

次は、飛蚊症の治療についてです。

 

生理的な原因で起こる飛蚊症の治療は、無治療・レーザー治療の2つがあります。

 

基本的には無治療(経過観察)が一般的ですが、レーザーによる治療も可能です。

 

ただし、レーザーによる治療は、飛蚊症の浮遊物を分散させるものなので完全になくなるわけではありません。

 

費用としては、片眼10万円(自由診療)といったところが相場になりそうです。

※複数回の治療が必要な場合もあり

 

そして病気が原因で起こる飛蚊症に関しては、それぞれの原因となっている病気の治療が最優先となります。

 

飛蚊症の対策

 

飛蚊症の対策として、まずは自分の飛蚊症がどういった原因で起こっているのかを調べることが重要です。

 

先程も書いたように、病気が原因となって飛蚊症が起きている場合はすぐに治療が必要となるので、飛蚊症が起きたらまずは眼科で検査をして原因を調べましょう。

 

目の老化を防ぐ

飛蚊症が生理的なものだった場合は、「目の老化を防ぐ対策」が重要です。

 

生理的な飛蚊症の原因となる後部硝子体剥離は、加齢の他に“近視”が原因となる場合もあり、若い世代でも近視が強い場合は後部硝子体剥離が起こります。

 

なので、スマホやパソコンなどの長時間使用で目の老化を早めないようにしましょう。

 

目薬でのケア、サプリメント等で目の健康を保つことも重要です。

 

 

意識しないことも大切

飛蚊症になった場合は、“意識しない”ということも大切です。

 

飛蚊症の影を意識してしまうと、常に気になってしまい“ストレス”の原因となってしまいます。

 

僕自身も、20代前半で飛蚊症になった時は、影を見よう見ようとして常に精神的に疲れていました。

 

しかし、現在では、意識することも無くなり、何の支障もなく生活しています。

 

生理的な飛蚊症であれば、上手く付き合っていくことも対策の1つです。

 

飛蚊症対策まとめ
  • まずは、飛蚊症の原因を調べる
  • 病気が原因の場合は治療を最優先
  • 生理的な場合には、目のケアをしっかり行い、目の老化を防ぐ
  • 飛蚊症は、影を目で追うなどせずに、意識から外し上手く付き合っていく