高校野球で150キロが当たり前になった理由とは?

 

全国で続々と開幕している夏の高校野球。

 

各地で熱戦が繰り広げられています。

 

そんな高校野球、昔と比べると遥かに個々の能力が上がっていますよね。

 

中でも投手の平均速度はここ数年でグッと伸びたように感じます。

 

数年前までは140キロでも十分速く、150キロを超えるボールを投げる投手なんて同世代に数人。

 

それが今では150キロが当たり前の時代ですからね。

 

一体その背景には何があったのか…

 

150キロの背景にあるもの

 

トレーニング環境

速球投手が増えた最大の要因は間違いなく“トレーニング環境”でしょう。

 

昔の投手の練習と言えば「走り込み」

 

とにかく投手なら走り込みなさいという考えが基本でした。

 

それが今では肩甲骨・股関節といった場所によって行うトレーニングが分けられており、スピードアップに必要なトレーニングなども明確にわかってきています。

 

筋力トレーニングなどは以前からありましたが、それだけでは鍛えきれなかったということでしょうね。

 

映像解析

2つ目に考えられるのが“映像解析”です。

 

現在の映像解析はボールの回転数・回転角度・ボールの軌道といったありとあらゆる部分まで解析することが出来るようになりました。

 

投球フォームに関しても事細かく分析出来るようになっています。

 

さらにはこれらのことが誰にでも簡単に出来てしまう。

 

少し前までならその分野に特化した人物に解析依頼しなくてはいけないようなことです。

 

それが今ではスマートフォン・タブレット1つでOK。

 

投球フォームやボールの回転などはスピードに大きく関係してくることなので映像解析というのはかなり大きな要因でしょう。

 

食事管理

3つ目は“食事管理”

 

これに関しては以前から心がけてた選手はいたと思います。

 

しかし現在ではチーム全体で取り組んでいる高校が多い。

 

また体を大きくする・筋力強化・疲労回復などといった必要な用途に合わせて食事を摂取出来るので効率もよくなっています。

 

実際、スタメンの選手だけでなく控えの選手までいい体格をしているので食事管理というのは少なからず影響があるはずです。

 

懸念される問題も

 

投手のレベルが上がることは非常にいい事だと思います。

 

しかし1つだけ懸念される問題が。

 

それは“肩・肘の故障”です。

 

元々、速球投手は体への負担が大きいため肩や肘のケガが多いと言われてきました。

 

大人でさえケガをするのに体ができていない高校生にはかなりの負担になる。

 

いくらトレーニング環境が進歩しようとも体の成長まではどうすることも出来ません。

 

これからさらにトレーニング環境は進歩していくでしょうから“技術だけが進歩して体がついてこない”という問題が増えないか心配です。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今や高校生に160キロを投げる投手がいるんですから凄い時代になったものですよね。

 

スピードボールにはかなりのロマンがありますがやはりケガが心配です。

 

そこは大人である監督の判断に任せるしかないですよね。

 

ただ、将来有望な選手が酷使され選手生命を絶たれるということだけは絶対に防いでほしいと思います。

 

以上、クーでした。