高校野球の球数制限は必要か

 

新潟県高野連が今春から導入を検討していた「球数制限」に対して、日本高校野球連盟は20日に「再考」を申し入れることを決めました。

 

近年では海外からも注目されていた高校野球の球数問題、新潟県高野連の新たな試みで少しは改善されるかと思ていましたがそう簡単にはいかないようですね。

 

世間でも賛否両論が出ています。

 

そこで今回は球数制限のメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

 

メリット・デメリット

 

メリット

球数制限の最大のメリットは「選手の故障を防げる」ということでしょう。

 

肩・肘は消耗品ですので使い続ければいつかは壊れてしまいます。

 

選手たちにも将来があるので高校で故障させるわけにはいきません。

 

それを防ぐために球数制限をするというのは賢明な判断です。

 

デメリット

デメリットは「強豪校が有利になる」ということ。

 

甲子園常連校や名門校と呼ばれるような野球の強豪校は全国から有望選手をスカウトしてきます。

 

なので他の高校ならエースや4番になれるような選手が控えに大勢いる。

 

よって球数制限がルールに適用されてもそこまで痛手にはなりません。

 

しかし公立校などは選手層も薄くなるのでいい投手は多く存在しない。

 

そうすると1人の選手に頼らざるを得なくなり、そこに球数制限がかかると嫌でも交代しなくてはいけなくなるんです。

 

よって球数制限をしてしまうと強豪校が有利になってしまいます。

 

選手はどう考えるのか?

 

意見を出しているのは大人ですが、プレーをする選手達は球数制限をどう思っているのか?

 

恐らくですが多くの選手は「反対」だと思います。

 

高校野球はトーナメント方式なので1回でも負ければ終わり。

 

そこでエースが球数制限によって投げられなくなり試合に負ければ「あいつが投げていれば」となるのは必然。

 

だが選手の将来を考えると…

 

上記で書いたように選手の気持ちを考えれば球数制限は不要かもしれません。

 

しかし、選手の将来を考えれば導入されすべきでしょう。

 

そもそも各校の指導者が選手を酷使しなければこのような問題は起きていないはずです。

 

高校野球とは本来は部活の一環、すなわち教育の場。

 

しかし指導者が「勝利至上主義」になってしまい勝つことしか考えないから酷使ということが起きるんです。

 

それを止めるためにも球数制限は必要と考えます。

 

対策例

 

現状では今すぐに球数制限を設けることは難しいでしょう。

 

しかし、何らかの対策はしなくてはいけません。

 

そこで僕が提案する対策は「ベンチ入り枠の拡大」です。

 

現在、ベンチ入りできるメンバーは地方大会では20人 甲子園になると18人になります。(※一部例外あり)

 

それをプロ野球のように最大25人までベンチ入りできるようにすれば投手の負担を減らすことができる。

 

また控え選手の出場機会が増えるのでいいのではないかと思います。

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

球数制限を導入した方がいいとは思いますが、練習で何百球も投げ込みをしてしまえば結局は同じなんですよね。

 

だからこそ重要になるのは指導者の存在。

 

勝った負けたも大事ですがそれ以上に「選手の将来」を考えることが最優先だと思います。

 

もし、肩や肘を壊してしまえば将来の日常生活にも支障が出てきます。

 

何度も言いますが、高校野球だけが人生ではないんです。

 

第一に選手の健康を考えてほしいと思います。

 

以上、クーでした。