「野球」 僕が味わった高校進学の失敗談と、強豪校の闇、進学のアドバイス

はい、どうもクーです。

 

今回は僕の高校進学の失敗談と、スポーツの強豪校に進学を考えている学生、その親の方々にアドバイスを送りたいと思います。

 

注意

※これはあくまで僕の高校の話ですので全部の高校が同じとは一概には言い切れません、さらに何年も前なので今はどうかわかりませんのでご注意ください。

 

高校進学の体験談

 強豪校に進学を決めた理由

僕が強豪校へ進学を考え始めたのは中学三年の頃でした。

 

小学校から野球をしており、中学ではそれなりの活躍をして地元の高校から声がかかるくらいの実力はありました。

 

最初は地元の高校に進む方向で考えていましたが、夏の甲子園を見に行ってその考えが大きく変わりました。

 

僕が見た試合は、甲子園常連校同士の試合でとても見ごたえのある試合でした。

 

試合後、僕の中に「こんな強豪で野球をしてみたい」という考えがあり、さらに片方の高校は住んでいる隣の県にあるということで、そこに行きたい気持ちでいっぱいでした。

 

家に帰ってから親に相談してみると「行ってもいい」という返事をもらえたので地元の高校の誘いを蹴って一般入学することを決めました。

 

 受験はあっさりと

私立で偏差値もそこまで高くない高校でしたが油断することなく必死で勉強しました。

 

月日が流れ、受験当日になるとものすごく緊張していましたが、いざテストが始まるとものすごく簡単でびっくりしました。

 

結果はもちろん合格で、ようやく名門のスタートラインに立つことができました。

 

入学初日に味わった実力の差

入学初日に野球部の初練習が行われ同級生の実力を知ることになります。

 

正直、僕はそれなりの自信がありました。

 

が、その自信はあっさりと打ち砕かれました。

 

上には上がいるのはわかってましたが実力の差がありすぎて、この時点で少し後悔がありました。

 

徐々にあらわになる闇

数ヶ月たったころから徐々に先輩方の態度がわってきました。

 

僕は先輩方には優しくしてもらっていたのですが、中にはいじりの限度を超えたようなことをされる同級生もいました。

 

先輩に聞くと「これは伝統で当たり前」と言っていました。

 

そして学年が上がると、自分たちもコミュニケーションと称して後輩たちに同じことをしていました。

 

闇の部分は部活だけではなく学業面でもありました。

 

授業中はほとんどの人が睡眠、ゲーム、スマホのどれかをして、課題なども頭のいい人が課題をやりそれをみんなで写すという感じでした。

 

「野球部は偉い」という考えで他の生徒に 偉そうな態度をとる人もいました。

 

結果を残してもベンチにも入れない

ベンチ入りのメンバーは普通、練習試合の結果などで決める事がほとんどだと思います。

 

ですが僕の高校は違いました。

 

「すべて監督の好みで決まります」

 

ベンチ入りのメンバーの中には「え、なんでこいつが?」と思う選手が何人かいます。

 

他の選手がいくら結果を残そうと、監督のお気に入りの選手には勝てないのです。

 

僕も監督のお気に入りにはなれず、ずっとベンチ外でした。

 

不甲斐なさ

結局、僕はベンチ入りを一度もする事が出来ませんでした。

 

最後、試合に負けたとき僕は泣きました。

 

それは負けた悔しさというよりも、不甲斐ない三年間を過ごしてしまい高校へ行かせてくれた親にもう申し訳ない悔し涙でした。

 

以上が僕の高校進学の失敗談です。

 

ではここからは強豪校へ進学しようか迷っている人たちへアドバイスをいくつかしましょう。

 

強豪校へ進学を考えている人へ

 

では、ここからは強豪校へ進学をしようか迷っている人たちへアドバイスをいくつかしましょう。

自分の結果を求めるなら無名校へ

強豪校から特待生などの声がかかっているならそれは行くべきです。

 

ですが、自己推薦や一般入試で入学を考えているならおすすめできません。

 

「どんな形でも甲子園に行きたい」というなら問題ないですが、「自分が活躍したい」と思う人ならむしろ弱い高校をおすすめします。

 

勉強も怠りたくないなら県立へ

途中でも書いたように僕は高校ではほとんど勉強をしませんでした。

 

しなかったというよりは疲れで出来なかったといったほうがいいかもしれません。

 

高校野球に人生をかけるならともかく大学進学、就職を考えるんだったら私立を避け、県立に進むほうがいいでしょう。

 

弱い高校からでもプロにはなれる

プロへの近道と考え強豪を選ぶ人もいるかもしれませんが、それは違います。

 

今はネットの普及によりどんな情報でも知ることができます。

 

ですのでどんなに無名の高校でも実力さえあればプロは見てくれる。

 

プロを目指す以前に、実力があっても試合に出れなきゃ意味がありません。

 

ですから無理に強いところへ行く必要はないと思います。

 

何よりも大切なのは「甲子園が全て」じゃないこと

僕も高校入学までは「甲子園が全て」という考えだったのですが、今となってはその考えは真逆になりました。

 

人生の中で「甲子園に出た」というのは確かに一財産になるかもしれません。

 

ですが先を考えた時、それはほんの一部にすぎません。

 

なので「今」だけのことを考えるよりも「先」を見据えた高校選びが大切だと思います。

 

最後に

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

途中でも書いたように僕は高校選びを失敗して大変、後悔しています。

 

今回は僕のような失敗をする人を出さないようにと思いこの記事を書かせてもらいました。

 

高校に合格した時は、どんな楽しい青春になるんだろうと心を躍らせていました。

 

ですが入学して月日が経つにつれて絶望と後悔がどんどん増えていきました。

 

試合などでのクリーンなイメージの裏には闇がありました。

 

僕の高校以外でもある事でしょう。

 

こればっかりは入学してみないとわかりません。

 

野球漬けになる覚悟ができてなかったのかもしれませんがそれでも、もう少し学生の青春らしいことができると思ってました。

 

何よりも親にグラウンドで活躍している姿を見せられなかったのが一番悔しいところです。

 

僕は子供がいないのでわかりませんが、我が子がグラウンドで躍動する姿は最高の親孝行になるんじゃないでしょうか。

 

皆さんも僕のようにならないようにしてくださいね。

 

強豪校で淡々と甲子園に行くより無名校が強者をなぎ倒していくほうがかっこいいし応援したくなります。

 

ぜひ、素晴らしい青春を!!

 

以上、クーでした。