高校球児は坊主であるべきなのか?

 

 

皆さんは「高校球児と言えば?」と聞かれたら何と答えるでしょうか?

 

「甲子園」など色々な回答があると思いますが、多くの人は「坊主」と回答するはずです。

 

そこで今回は「高校球児と坊主」というテーマで進めていきたいと思います。

 

高校球児と坊主

坊主の始まりとルール

まずはじめに、高校球児がいつから坊主だったのかを調べてみました。

 

全国高等学校野球選手権大会の1回大会(当時は全国中等学校優勝野球大会 1915年)の写真を見てみると選手はほとんどが坊主頭です。

 

ということは1回大会から現在の100回大会まで坊主が主流になっていますね。

 

高野連でも「高校生らしい髪型」とルール上は坊主でなくても出場できないなどの問題はありません。

 

なぜ坊主以外の選手は少ないのか?

では次に、ルール上は問題ないのになぜみんな坊主にするのかを考えていきます。

 

僕が考える原因としては「暗黙のルール」が関わっているのではないかと思います。

 

僕が高校時代に所属していた野球部も坊主が決まりでした。

 

正確には「きちんとしたルールはないけれど暗黙のルールで強制坊主みたいな感じ」ですかね。

 

でも中には部内のルールで坊主でなければならないという学校もあるでしょう。

 

同調圧力

「あなた以外が全員坊主だったらどうしますか?」

 

多くの人は自分も坊主にするはずです。

 

このように周りと同じでないと不安になることを「同調圧力」と言います。

 

この心理が働くことにって「高校野球は坊主でなければならない」という考えが染み付いているのではないでしょうか。

 

払拭することは簡単ではありませんが一刻も早く無くなった方がいい考え方ですよね。

 

でなければどんどん野球人口は減っていく一方でしょう。

 

固定概念を変える難しさ

 

現在、開催されてる100回記念大会では坊主を禁止する高校があるなど「高校野球は坊主」という固定概念を変えようとする高校もあります。

 

ですが固定概念を変えるということはとても大変なことです。

 

僕も髪型は自由でいいと思っていますが、球児の中に坊主じゃない選手がいると凄く違和感があります。

 

こればっかりは時間がかかるかもしれませんが見ている人たちに「坊主以外でも普通なこと」と思ってもらえるまで続けていくしかないですよね。

 

解決してくれるのは時間。

 

最後に

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回のテーマに関して「なぜそんなに髪型を気にするのか」の思う人もいるかもしれませんが、野球人口が減っている理由の中に「坊主が嫌だから高校野球はやりたくない」という中学生が多くいるからです。

 

中学から高校に上がるタイミングで野球を辞めてしまう人が増えれば近い将来、甲子園はなくなってしまうかもしれません。

 

そうならない為にも坊主への固定概念を払拭してほしいんです。

 

別にいいじゃないですか、髪型などの容姿なんて。

 

そんな所を見るよりも野球に青春をかける球児たちにの全力プレーを見てください。

 

でなければ甲子園なくなっちゃいますよ?

 

それは嫌ですよね?

 

以上、クーでした。