夢と現実の話。

 

 

「将来の夢は何ですか?」

 

子供の頃はよくこんなことを聞かれましたよね。

 

僕も子供の頃は「プロ野球選手になる」という夢を持っていましたが、みなさんも子供の頃は色々な夢があったのではないでしょうか?

 

ただ、大人になるにつれその夢が現実のものにはならないと自覚が出てきて、夢のままで終わってしまう人がほとんど。

 

夢が叶ったとしてもそこから成功できるかは別問題。

 

今回は夢と現実についてお話いたしますのでしばしお付き合いを。

 

夢の話

 夢を追い続けた子供時代

冒頭でも書いたように僕は子供の頃「プロ野球選手になる」という夢があり、それに向けてひたすら練習していました。

 

そんな野球小僧だったこともあり学業面は目も当てられないような内容、、、

 

当時の僕の中には「プロ野球選手になれば勉強なんて関係ない」という考えがあり勉強する時間は全くありませんでした。

 

ただ中学生になる時に両親から「高校進学もあるんだから中学では勉強もしなさい」ということ言われており中学の勉強は人並みに。

 

野球の方も県の選抜チームに選ばれるなど周りよりは多少実力もありました。

 

そんなこともあり僕の中ではますます「プロ野球選手」という夢が大きなものになっていた。

 

そして無事進路も決まり意気揚々と高校へ入学したのですが、、、

※高校時代は下記の記事に詳しく書いておりますのでそちらをご覧ください。

「野球」 僕が味わった高校進学の失敗談と、強豪校の闇、進学のアドバイス

 夢が消えた日

高校でプロ野球選手になるという夢は打ち砕かれたのですが、僕はまだあきらめがついていなく最後の悪あがきで大学でも野球を続けることに。

 

そして大学1年の終わりごろに重大な事が起きます。

 

ある時、野球部の数人と授業ことで教授に呼ばれました。

 

他愛もない話をしていたら教授から

「この中でプロ野球選手を目指している者はいるのか?」と質問が。

 

その質問に手を上げる友人。

 

でもなぜか僕の手は上がりませんでした。

 

あれだけ子供の頃から「プロ野球選手」を目指して、あきらめがつかないから大学まで野球をやりに来たのに、、、

 

その時、僕はあることに気づきました。

 

「あぁ僕の中でプロ野球選手になるという夢はいつの間にか消えていたんだ」と。

夢を持った後悔

そんなんこともあり少し経ってから僕は野球部を辞めました。

 

それと同時に今まで野球をしてきた時間が無駄だったのではないかと考えるように。

 

中学まではまだしも高校は野球漬けで遊ぶ時間も全くなかった。

 

野球なんかやっていなければ友達と遊んだり彼女を作ったり、授業をサボったりなど

高校生らしいことが出来たのに。

 

毎日、毎日そんなことを考えるようになり、いつしか夢を持ったことを後悔するようになっていました。

 

そして次第に私生活も荒れるように。

 

立ち直るきっかけは、、、

そんな生活をしていた大学生活も残り1年となり、迷走していた僕は久しぶりに実家に帰ることに。

 

そして近況などを母に伝え色々話していると「野球を辞めてよかったの?」と一言。

 

僕は「むしろ野球をやった事を後悔している、母さんだって用具代とか大変だったろ?」と言葉を返しました。

 

すると母の口から思いもよらない一言が。

 

「大変なことなんてあるか、我が子が夢を持ってそれに向かって真剣に努力していたんだから親として出来る事をしてあげただけ」

僕は涙を見せまいと「そうかい」と一言だけ言い残して自分の部屋で大泣きしました。

 

夢は叶わなくても得れるものがある

気持ちが落ち着いてから改めて「夢への後悔」について考えてみました。

 

そしてあることに気が付く。

 

「夢が叶わなくともそれに向けてやってきた事は少なからず自分へプラスになっている」ということに。

 

挨拶、人との付き合い方などはすべて野球を通じて学んだことでした。

 

そして何より野球をやっていたからこそ親のありがたみを知ることが出来ています。

 

夢は夢のまま、現実にすることはできませんでしたが「プロ野球選手」という夢があったからこそ人間として成長できたと僕は考えております。

 

夢を持てば1になる

 

冒頭で「ほとんどの夢は叶わない」と書きました。

 

夢の大小によりますが恐らくほとんどの夢は夢のままで終わってしまうことが多いでしょう。

 

すなわち多くの人が「夢が叶わない現実」にぶつかってしまう。

 

そんな時には先程書いた「夢が叶わなくても得れるものはある」ということ考えてみてください。

 

夢は叶う叶わない、100か0だけではない。

 

夢を持つだけで1にはなる。

 

だから小さなことでもいいから夢を持ってそれに向かって真剣に努力してみてください。

子供には自由に夢を

 

僕の両親は自由に夢を追わせてくれましたが、中には夢に反対する親もいるかもしれません。

 

他人の僕が偉そうに言うことではないと思いますが少し言わせてください。

 

金銭面などもあるので一概には言えませんが、なるべく子供には自由に夢を見せてあげてください。

 

何度も言いますが、夢は叶うだけが全てではありません。

 

夢を追いかけるだけで人間として成長出来るんです。

 

「現実を見ろ」といって夢を否定するよりも、子供自身が自分でそれに気づくまで夢を追わせてもいいじゃないですか。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

叶うにしろ叶わないにしろ夢を持つことは大切なんですね。

 

僕も「夢を持った後悔」を経験していますが、今思えば「プロ野球選手」という夢を持っていて本当によかったと思います。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭では是非、子供には自由に夢を見させてあげてください。

 

将来、きっと子供の役に立ちます。

 

以上、クーでした。